トップ英語が「話せるようになる」ための54記事

英語が「話せるようになる」ための54記事

「話せるようになるため」 お薦めの記事4つ

基礎知識

■英語が話せるようになるために必要な条件
・何ができたら話せるようになるのか?
・中学英語で話せるようになるための条件
・1)単語:重要動詞を含む最低1000語
・2)基本文:中学英語で出てくる基本文は頭の中
・3)自分のことを説明、相手の質問への返答への対応力
・言いたいことを、正しく単語を並べて英文が作れるなら下地は十分
・話すキーワードを1つだけ決め、5つの文を作ってペットや観葉植物に話しかける

迷う

■英語が話せるようになる近道は迷わないこと
・最善でなくても続けていさえすれば、いつかは話せるようになる
・少しずつレベルが上がって、話せるようになった。
・最大のポイントは、「止めなかった」こと。「話す練習をした」こと。近道は、
①良い本/教材を選ぶ
②重要基本文を暗記、単語入れ替え/瞬間つぶやき
③音読を繰り返し口慣らし
④実戦練習(オンライン英会話、英会話喫茶など)
⑤教材の渡り歩きを止める
・キーワードは「良い教材で迷わず継続。実戦学習が最短」

作文力

■話せるようになるために最も必要な力
・ほとんど話せない人が話せるようになるための英語学習で、
・何が一番重要なのか、何の力が一番必要なのかと考えてみると
・・・サッと出る答えは「作文力」
・まずは自分の話したい身の周りのことを・・です。
・その一点に集中して練習しました。

オンラインレッスン

■英作文力を鍛えるために行った4つの行動
・話す練習が重要なので「オンライン英会話」を選んだ。
・続けてきた4つの行動
①日常的に英語で話せる場を作る(オンライン英会話)
②実戦に向けて話すネタ/文章を準備する(大事なのは必ず自分で考えて作ること)
③実戦でトライ(通じるかどうか試す)
④ノートへメモをする(このメモノートがすごく貴重)
・復習回数が、使いこなせるようになるかどうかのカギ
・簡単に復習できる工夫が大事


「話せるようになる」 ための54記事

No分類Noページタイトル
1いきさつ1わたしの取り組んだ経緯
2事前準備1話せるには何から始めたら
2話せるようになるためにやった5つのこと
3話せるようになるために最も必要な力
4英作文力を鍛えるために行った4つの行動
5英語を話すために必要なスキルを考える
6話せるようになるために
7話せるようになるためにやったこと
8話せるようになるためのロードマップ
9話せるようになるためのロードマップ(続編)
3簡単に話す1どうやって英文をまとめ話していくのか?
2どう考えながら話していくのか
3語順の問題を理解する
4英文をスムーズに作るコツ「主語は何か」
5英文作成:早見表
6話す練習をする
7英語が話せるようになったステップ学習
8英語を使えるようにするための方法
4話すコツ1やさしい単語で上手に説明
2むずかしい表現の文をやさしい2文で話す
3やさしい2つの文に分けて説明
4やさしく話すコツ「分解の手法」
5イメージしてやさしい英語で話す
6英語がやさしく話せるようになる2つのコツ
7簡単スピーキングのコツ
8英語が話せる自信はこうやってできた
5練習方法1シンプルスピーキングの具体的やり方
2シンプルパターン英会話で迷いスッキリ
3スピーキングの練習方法
4スピーキング練習の実際
5スムーズに話せるようになる取組みかた
6セルフ会話トレーニングの方法(1)
7一人でできる、簡単スピーキング練習
8一人簡単スピーキング練習(その 2)
9中高年が学習の迷いを断ち切った2つのグループ化
10中高年が早く英会話できるようになるための作戦
11会話例を調べる
12効率良く復習するための方法
6基礎知識1基礎知識を覚える
2多くの基本文を会話ストーリィで一気に覚える
3好きなことを英語で説明できるように
4学習方法のアイデア
5日常会話が話せるようになる近道は・・
6英語勉強の効果的なやり方
7本当に良く使う基本構文はこの25個
8楽に話すコツ「短い文を足しながら話す」
9瞬間英作文よりも瞬間頭出しが大事
7リスニング1聞き取れるようになるには
2簡単で効果大のリスニング訓練
8音読1英会話の基本は中学英語の音読
2音読の効果と具体的やり方について
9その他1言いたいことを1分間スピーチに
2話せるようになって気づいた2つのポイント
3英語を話せるようになった人とならない人の違い


a:676 t:1 y:3