トップシンプル・スピーキングシンプルスピーキングの具体的やり方

シンプルスピーキングの具体的やり方

わたしは長い間、オンライン英会話を続けてスピーキング力のアップに取り組んできました。そして、スムーズに話せるようになるために、とても大事な2つのポイントがあることに気がつきました。

そのことを知って学習するとしないでは、1年後にはすごく大きな差が出るということがわかりました。

2つのポイント

いままで何度か同じようなことを記事として書いてきましたが、それを集約してまとめてみたら、今回の内容のようになったのでした。

そのコツとは、次の2つです。

一つは、「結論から述べる」。
そしてもう一つ意識するのは、「できるだけシンプルに話す」です。

simple speaking

シンプルスピーキングのコツ(1)

結論から述べる
  (英語の語順で考えて、文を組立て話すこと)

1)まず先に「構文+主語」を決め、すぐに話す
2)次に「動詞+目的語」を考えながら話す
  (以前と少し考え方が変わりました)

ここまでで、結論となります。

例:
1)構文+主語 ⇒ I would like to  わたしは~したい
2)動詞+目的語 ⇒ go shopping  買い物に行く

次は
3)「主語+動詞+目的語」に対する「どこへ(で)」、「誰と」、「いつ」などの補足を付け加えます。
4)結果として、一つの整った文ができます

例:
3)どこへ ⇒ to the supermarket
  誰と ⇒ with you
  いつ ⇒ this evening.

4)文の完成
  ⇒ I would like to go shopping to the supermarket with you this evening.

★1:従って、ボキャブラリ覚えるときは、文では覚えない。
  (同じ構文はなかなかやってこないから)
★2:単語で覚えるよりは、意味のあるフレーズで覚える
  (サッと使えるから)

 

シンプルスピーキングのコツ(2)

できるだけシンプルに話す
   (やさしい表現に言い換えて話す)

1)むずかしい単語は使わない(基本動詞10語を重点的に使う)
2)日本的な複雑な言い回しはやめる
3)常にシンプルな表現に置き換えて話す
4)長い文は止めて短くわかり易い複数の文で話す

⇒ 知っている単語でやさしく話す練習。
⇒ 関係代名詞はできるだけ使わない。

シンプルな文章でスムーズに話す

1)構文を素早く決め、主語と動詞を話す
2)目的語を話す
3)時/場所を話す

■実際の会話はとてもシンプル :

・構文を素早く選び、まず「構文+主語」を話す。
  ⇒ 例: I would like to

・続いて、「動詞+目的語」を話す。
  ⇒ 例: buy some souvenirs

・補足表現(時、場所、他)を付け加える。
  ⇒ 例: tomorrow. (/ at the airport.)
      ・
      ・
     接続詞
      ・
  「シンプルな次の文」
      ・
     接続詞
      ・
  「シンプルな次の文」
      ・
      ・

注)従来はまず結論を先に述べる・・で、構文を決めてからすぐに「主語+動詞」まで話す・・と書いていました。

I would like to buy / some souvenirs
のように。

しかし今は、
I would like to / buy some souvenirs
としたいと考えています。動詞と目的語はセットで扱うべきと考えているから。

おそらく、途中で切って考えずに一気にsouvenirsまで言って、結論を言ったということでいいのかも知れません。次回のレッスンで確認してみたいと思います。

英会話ができるようになって日が浅い頃は、とにかくシンプルな短文に、when や この while などの補足表現(副詞句)をくっつけて、それらしい長さの文で話せるよう取り組んでいたものです。

シンプルな短文を卒業し、補足表現をくっつけて話せるようになることで、入門レベルから1段レベルアップしようと考えて。

その結果、3ヶ月ほどで無理なく補足表現をくっつけて、自然に話せるようになりました。

「短文」(一瞬休止) ・・ 補足表現(一瞬休止) ・・補足表現(一瞬休止) ・・・という話し方。

短文と短文を次のような接続詞でつないで、少し長い文にして話していました。
and, but, furthermore, because, so, besides, therefore, however ・・

The suitcase is mine and it is in the room.

ここでは「and」が最適というわけではありませんが、無難に接続できるものなので「and」を使いました。

イメージとしては、
 (シンプル文) and (シンプル文) then (シンプル文) so (シンプル文)・・
という感じです。

前:詳細メニュー

a:12632 t:2 y:11