トップ話せるようになるために > 10話:3度目の感激

第10話:3度目の感激

さて英語が話せるようになったと感じて感激した3回目の瞬間とは、オンライン英会話レッスンをやって、ちょうど1年目になったときでした。

それ以前まではレッスンを少し負担に感じながら、そしてレッスン中にはかなり緊張しながらやっていました。

早く上手に話せるようになりたいと、まだまだ努力して頑張って英会話レッスンをしていたときで、英語はまだ自分のものにはなっていないなぁ・・とに感じていました。

そして1年間「頑張って」続けたあるときに、
あっ、リラックスして楽しみながら世間話ができるようになった!
と、ふと感じたのでした。

相手のジョークを理解したり、こちらからもジョークを言って、お互いが口を開けて笑ったりなどできるようになっていました。

ものすごい感激をした1回目とは違いますが、何かふっきれたというか、ある峠を乗り越えることができたという感じで、何か心にグッとくるような満足感を感じたのでした。

レッスンを続けてきてその満足感を感じたときに、5つのポイントについて、次のように感想を書いていたのでした。

1:レッスンを負担に思う気持ち

夜にまだ予定が残っている・・ということを、少し負担に思っていたが、今はオンライン英会話をやることについて、ほとんど負担とは思わなくなった。

それだけ英会話することに慣れて、構えてするような姿勢が取れたからだと思っています。

2:説明能力について

特に焦ることがなくなった。うまく説明できないときがあると、「Just a moment, please.」といって確認してから、落ち着いて会話を続けれるようになりました。

英語で話す相手に対して、特別なプレッシャーを感じるようなことがなくなったということ。(相手がプレッシャーを掛けていたのではなく、自分がかってにプレッ
シャーを感じていただけだということがわかった)

3:頭の英語モードへの移行

以前、あれほどいつも「どうやったら早く英語モードに切り換えられるんだろう?」と悩んでいたのですが、ここ最近はまったくそういうことを考えなくなりました。

英語モードになかなか切り換わらなくて、ドタバタするようなことがほとんどなくなったからだね。

4:英会話レッスン中の状態(緊張度)

レッスンを始めた頃は、通常の精神状態を100%とすると、1.5倍の150%程度の精神稼働アップ状態だったと思います。

今は普段よりわずかにアップして110%程度の状態くらい。特に高ぶった状態ではなく、リラックスして会話ができるようになったなぁと強く感じています。

5:会話能力の変化

英語力が上がったという感じよりも、自分のもっている英語力に対し、活用力が上がったと感じています。

持っている知識を100%としたときに、それを使いこなす力は以前は5~10%程度と、本当に低いレベルでした。

それがオンラインレッスンをやって1年ほど経ち、40%くらいまで使えるようになったかなというレベル。

時間たっぷりでゆっくり吟味しながらできるのなら、100%発揮できると思うのですが、何しろオンラインレッスンはライブで即答する必要があるので、まだまだ50%くらいの実力発揮程度かなと思っています。

以上のように、やはりオンライン英会話レッスンを続けてやっていたので、一皮むけることができたのだと感じています。

現在でも、英語のレベルアップを図るというよりは、知っている中学英語を100%、実践で使いこなせるようになることが、まだ当面の目標です。

楽しく日常会話をするためには、まずはそれで十分だと考えています。

■関連のページ話せるようになるために
・第9話:2回目の感激は香港で
・第11話:日常会話が話せるようになる近道は・・
・第12話:話せるようになるためのロードマップ
お薦めの教材(これをやって会話がスムーズに)
 

a:3664 t:1 y:1