トップシンプル・スピーキング>英語力が伸びない5‥

英語力が伸びない5つのやり方

会話がスラスラとできるようになるまでは本当に長い道のりです。そのため一度は志を持って勉強をスタートするのですが、多くの人が途中でリタイアしてしまいます。

継続することさえできれば、必ずいつか話せるようになるのですが。(SVO程度のシンプルな文で話すのは、わりあい早くできるようになります)

そのような英語勉強ですが、少しでも効果を感じることができるようになると、一気に上達していくものです。

しかし、学習のやり方が悪いと、いつまでたってもその効果を感じることができなくて、張り合いを感じることができず挫折しやすくなってしまいます。

今日は英語力が伸びないよくないやり方について、過去の反省を込めて整理してみました。

問題のある五つのポイント

1) 目的が不明確
2) 復習しない
3) 話す機会がない
4) 聞き流すだけ
5) 3日坊主で終る

それでは一つずつよく考えてみましょう。

伸びないやり方1:目的がはっきりしない

・あなたは英語を学習する目的がはっきりしていますか ?

次の中から素早く選んでみてください。
1)仕事で必要なので
2)会社で上を目指すため
3)海外旅行で使うため
4)趣味やボランティアのため
5)ネイティブの友人作り
6)自分の知識、ボケ防止
7)その他



travel

すぐに選べなかったという人は、もう一度ゆっくり時間を掛けて本当の目的を考えてみましょう。

目的がはっきりしていないと、どうしても学習するときの集中度や継続力がブレてしまいがちになります。

自分にとって明るく楽しい目標が良いですね。

 

伸びないやり方2:レッスンを受けっぱなしで終わる

・英会話は、復習しないとなかなか身についてきません。

この復習の回数が使いこなせるようになるかどうかのカギとなります。
復習のやり方を決める、身につくまでやるということが大事です。

オンライン英会話を始めたばかりのころは、とにかく話すことが必要。
教材や方法にこだわるより、とにかくたくさん口から英語を出すようにするべきです。

1回でも実戦で使った文だけ、自分の身についていきます。
つまり、1回使ったことは経験として残るようになります。

2回目はよりエネルギーが少ない中で、できるようになるということです。そしてスムーズに話せるということは、その積み重ねなんですね!

レッスンの効果を最大にするためには、予習と復習がそのカギを握ります。

予習をしないでレッスンを受けると、多くの場合、新しいことを学びにくくなります。余裕をもってレッスンをしたときに、新しいポイントに気がついたり、そのことを受け入れ易くなるからです。

また、復習をしないと、多くの場合はレッスンで得られたせっかくの学びが、体に定着しません。当然、実戦で使えるようにはなりにくいものです。

たくさん時間をかける必要はありません。
さっと短時間で、集中してやるというのが一番望ましいやり方です!

伸びないやり方3:中学英語の文法だけを学習

・中学の参考書だけを勉強し直しても、話せるようになりません。

話す」ということが目的なら、机で書籍だけを使っての勉強法では、不足だということです。

中学英語やテキストだけでの学習だけでは、リスニングやスピーキングがいつまでたってもできるようになりません。

聞く」練習と「話す」練習が絶対に必要です。そしてわたしは、「話す機会」が絶対に必要だと、断言します。

online lesson 2

自分が話せるようになるまでの過去の体験を振り返ってみて、それほど実際に人と話す機会というのは、話せるようになるために必要だったと感じています。

伸びないやり方4:通信教育で聞き流すだけ

・聞き流すだけではスピーキング力がつきません。

前項では、テキストを勉強しているだけでは話せるようにならないと申し上げました。リスニングとスピーキング練習が必要だと。

そしてここでは、リスニング練習として聞き流すだけでは、決して話せるようにならないということを追記します。

やはりスピーキング練習は必要なのです。そして同様に「話す機会」が必要なのです。

話せないものは聞き取れない」であり、「話せるものは聞き取れる」なのです。

英語には日本語にない発音が14個もあります。
「TH」「R」「v」など。

「聞くだけ」の教材だけでは不十分なのです。
自分で言葉を発する練習や話す機会が必要なのです。

伸びないやり方5:3ヶ月以内でやめる

「勉強したらしただけ、その量に比例して力が伸びる」というようにはなりません。

自分への蓄積にはなっているのですが、自分が意識して感じるような結果は、すぐには表れてきません。

実は学習の成果は「階段のように伸びる」ということなのです。
右上がりの一直線とはならないのです。まさに階段と同じような伸び方となるのです。

あるところまでは、いくら勉強してもまったくその成果を感じることができません。

ですが蓄積したものがある臨界点に達すると、突然、一気に目の前の雲が晴れたようにレベルアップするものなのです。

まずは「1日5分、1ヶ月」、そして「1日15分、1ヶ月」、さらに「1日30分、1ヶ月」の3ヶ月間を、やりきってみましょう。

そしてその勢いでさらに3ヶ月。一気に6ヶ月間を寄り切ってみましょう。

この間はほとんど伸びていない感じがするでしょうが、やりきった頃に必ず、英語力がぐんと飛躍するときが来ます。

あきらめずに6ヶ月間 です。

6months

■関連の記事:シンプル・スピーキング
シンプルスピーキングの体験
シンプルスピーキングの利点
シンプルスピーキングの具体的やり方
シンプルに話すと英語は簡単になる
 

a:6073 t:1 y:1