トップ学習方法について目的と進め方について

目的と進め方について

このサイトは楽しく英会話できるようになることを目指すサイトです。

・楽しく海外旅行ができる。
・海外の友人を作り楽しく交流ができる。
・グローバル化しているビジネスで活躍できる。

一緒に学ぼう!

決して点数のみを追うためのサイトではなく、英会話を楽しめるようになるための学習サイトにしたいと考えています。

コツコツであっても、必ずやっただけの成果は出るので、一緒に学んで楽しく英会話できるようになろう!

 
目標:
高度な英語は目指しません。シンプルな短い英文を上手に駆使し、楽しく話せるようになることが目標です。

サポート範囲:
話せない人、自信のない人、話した経験のない人が、当サイトの情報と取り組み例を参考に練習し、オンライン英会話レッスンができるようになるまでとしています。

当面の目標:
skype を使いオンライン英会話で25分間、楽しく英会話できるようになること。

具体的なやり方:
・25分間日常会話をするために、最低限必要な「基本文/フレーズ/単語
・知識不足を補いながら楽しく話すためのアイデア

について、お伝えしていきます。

勉強の進め方

それでは英会話ができるようになるために、具体的にどういう勉強の進め方をしたら良いのでしょうか?

まずは先に、その部分についてご説明したいと思います。

リスニングとスピーキングのどちらが重要?

英会話をする上で、まず一番先に大事なのはリスニング力だと思います。

聞き取れなければ、相手の言っていることが理解できず、返答することもできません。相手を理解できないし、返答することもできないので、当然会話にならないからです。

そのため、まず先にリスニングの練習を十分することが重要であると、普通に考えてしまいがちです。

 

わたしの考え方

しかし、あえてわたしの体験から申し上げると、
・スピーキングの練習はリスニングの練習でもある
・よりスピーキングに重点をおいた練習が必要である
と考えています。

どういう意味かと言うと、自分で話せるようになったセンテンスやフレーズ、単語は、必ず聞き取れるようになるということです。

まずリスニングだけをやって、十分できるようになったらスピーキングの練習を・・と考たやり方だと、結局、話せるようになるのには長い時間がかかってしまうのです。

勉強のやり易さと会話力

リスニング練習はやり易いので、ついそちらばかりになりがちですが、リスニングできることがスピーキングができることにはなりません。

スピーキングはリスニング練習になりますが、リスニング練習はスピーキング練習にはならないのです。(もちろん効果ゼロではありませんが)

聞いているだけで、あるとき口から英語が次々に飛び出す・・ということは、まったく期待できません。幻想です。

社会に出てから12年以上、英語を聞き続けてきた一人として、きっちり断言することができます。

スピーキング能力は、しっかり意識して話す訓練をしないと、アップしていかないのです。

今までの取り組みと結果

そのため、わたしはスピーキングの練習をより大事なこととして、意識して練習するように進めてきました。そしてリスニングは、いろいろな隙間時間を利用して取り組みました。

その結果今では、一人で海外へ行くことに抵抗がなくなりましたし、多くの友人を作ることができました。

そしていまはskypeという便利なツールがあるので、いつでも海外の友人達と楽しく会話をすることができます。

本当に自分の活動範囲が広がり、そして物事をグローバルな視野で見て、考えれるようになったと思っています。

すべて、英会話ができるようになったおかげです!

※英語勉強は継続が大事です。
そして継続のための重要なポイントの一つは、良い英語の学習書だと思っています。それによって学習が迷わずスムーズにできたり、あるいは停滞したりしたものでした。

ですから良い学習書を見つけることには、多くの時間を掛ける価値があると思っています。わたしもいろいろ衝動買いを繰り返し、ようやく見つけた良い本について、その感想を書いていますのでよろしければご確認ください。
 >>>> お薦めの本

■スピーキングのときの頭の中の動きや練習のやり方はこのようにやる
  ・・・スピーキングの練習方法
■リスニングをするときの聴き方と大事なポイントがいくつかあります
  ・・・リスニングの練習方法

ご挨拶とサイトを作るに至った経緯

47歳から英会話を開始

あるいきさつで中年になってから英会話の勉強を始めました。
当時は英会話に対し強いコンプレックスを感じていて、年齢もヤングとはとても恥ずかしくて言えない年になっていました。

なので「もうダメだろうな。」「もうやっても遅いだろうな。」などと、半ばはあきらめの境地だったことを覚えています。

しかし47歳のとき、突然ある話がまい起こりいろいろと悩んだ末、「よーし!」と一大決心をして英会話への取り組みを開始しました。

一旦やると決めたらなかなかあきらめないしつこい性格が良かったのか、いろいろと自分流をトライしてあきらめずに続けたことで、今では流暢ではありませんが楽しく英会話ができるようになりました。

中国での体験

またその経験があるため、53歳から中国へ行くことになったとき、現地で同じやり方で中国語を勉強し、約1年で普通の会話を話せるようになりました。

このときに、今までまったく聞こえていなかった他の人の会話が、6ヶ月くらいたった時に、突然その内容がわかるようになるという体験をしました。

そこまで外国語をやった経験があるので、どうすれば外国語を効率良く勉強できるのか、どうやれば話せるようになるのかを、今では良く理解することができます。

続けること

継続こそ力です・・とは誰かが言っていましたが、正にその通りと思います。
例え若くなくても正しいやり方で熱意をもって続けてさえいければ、必ずできるようになるのです。

この10年間に役に立ったと思える英会話の勉強方法などについて、体験を通して書き綴っていきたいと思います。

他の同じような環境におられる方に、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

話せるようになるために
・第1話:英語が苦手で話せない娘
・第2話:語順の問題を理解する
・第3話:どう考えながら話していくのか
・第4話:英語が話せるようになったステップ学習
・第5話:疲れないやり方で無理なくレベルアップ
・第6話:英語勉強の効果的なやり方
 

◆トップへ戻る
a:44329 t:3 y:11