トップシンプル・スピーキング>シンプルスピーキング‥

シンプルスピーキングへのきっかけ

英語学習を再開してからもう18年。中高年になってから海外で仕事をする必要が出たため、やむなく英語学習を取り組み直し始めたのでした。

海外では必要に応じてカタコト英語を駆使、様々な体験をしてそれなりに話せるようになりました。

帰国後、せっかく少しだけ話せるようになった英語ですが、再び話せないレベルに戻ってしまうのがとても残念で、オンライン英会話をしながら独学を続けることにしたのでした。

いろいろ学習を続ける中でふと感じたことが一つあります。

それは、海外で会話したときも、オンライン英会話のフリートークでも、長々とした英文で話すことは一度もなかったということです。

むしろ言いたい事に焦点を絞って、シンプルにそして抑揚にメリハリをつけて話した時の方が、よく通じたということでした。

これまでシンプル英会話を続けてきて、一度もそのシンプルさで困ったこともありません。わたしの場合、英語はビジネスや公的な場で使うことが目的ではなかったので。

単に海外の友人や現地の人達とコミュニケーションをするためだけのものですので、シンプルな話し方で十分でしたし、むしろシンプルな方がよく通じることがわかって、その話し方にこだわりを持つようになっていったのでした。


a:2740 t:3 y:1