トップ年齢と共に落ちてくる記憶力を補うフレーズ帳2

年齢と共に落ちてくる記憶力を補うフレーズ帳2

前回の記事で、年齢と共に記憶力が落ちてきて・・と話しましたが、実はあれもこれもそれも、出てこなくなるという訳ではありません。

英語で話す場合、文の構成としては「構文」「主語」「動詞」「目的語」などがありますが、「構文」や「主語」が出てこないということはほとんどありません。

最初から使いこなせていない「構文」は別ですし、「主語」は何にした方が良いのかと一瞬考えることはありますが、いつも使っている「構文」や「主語」の場合は瞬間的に出てきます。

出てこなくなったりすることがあるのは、「動詞」や「目的語」、つまり単語やフレーズなどです。

cannot remember

ここであえて「フレーズ」と書きましたが、「単語」だけでいいのでは・・と思う方もおられるかもしれません。

しかし私の場合は、「動詞」、「目的語」として別々に扱う(記憶する)のではなく、「動詞+目的語」としてセットで覚えるようにしているので、あえてフレーズと書きました。

その理由は、会話するときに、頭の中で考える負担を少しでも軽減しようと考えているためです。

つまり、
動詞」は何を使う・・(三人称単数か)・・、
目的語」はどうする・・単数/複数か・・
・・などのように。

この部分はあらかじめセットしてフレーズとして覚えておけば、よけいなことを考える必要はなく、単に「構文」→「主語」→「フレーズ」と並べていけばいいことになります。

以上のことから、
記憶力を補うためには、「よく使うフレーズ」をリストアップして、復習を繰り返すということになります。そのため「フレーズ・ノート」を作ることにしています。
 

 

■1:食べる/飲む(続き)

【パン/甘いもの】

bake bread
I'm baking my own bread now.
最近、自分でパンを焼いてるの。

toast bread
I'm in a hurry so I think I'll just toast some bread.
急いでるから、パンを焼くだけでいいや。

eat candy
He eats too much candy and it has ruined his teeth.
甘いものを食べ過ぎて、虫歯になっているんです。

suck candy
She just sucks some kind of diet candy.
ダイエット用の飴みたいなものをしゃぶるだけなの。

 

【アイスクリーム】

lick ice cream
Hurry up and lick your ice cream!
急いでアイスクリームをなめて!

scoop ice cream
Can you scoop some ice cream into a bowl for me?
アイスクリームを器に取ってもらえない?

 

 

【ビール/コーヒー】

chill the beer
Could you chill the beer in the cooler, please?
小型冷蔵庫でビールを冷やしてくれる?

pour the beer
Could you pour John some beer?
ジョンにビールをついであげてくれない?

brew coffee
I brew my own coffee at home.
家では自分でコーヒーを入れます。

serve coffee
They're definitely serving coffee.
コーヒーは出してもらえるはずです。

sip coffee
Could you stop sipping coffee like that?
そうやってコーヒーをすするのやめてもらえない?

 
前>年齢と共に落ちてくる記憶力をどうやって補うか
次>記憶力補うフレーズ帳3:お酒/調理法/テーブル


a:282 t:1 y:1