スポンサーリンク   トップ中高年がスピーキング力アップのため取り組んだ教材

中高年がスピーキング力アップのため取り組んだ教材

私が少しだけ英語を話せるようになれた最初のときのポイントは、基本文型を覚えてその中の単語やフレーズをサッと入れ替えて話す練習を、事前に何度も繰返したことでした。

そのことによって、海外に行ったときに大きな抵抗もなく現地の人に話しかけることができ、日常会話のトライができたのだと思っています。

そのような体験を初めてしたことで、
自分も少しは話せるようになったんだなぁ~
という自信を作ることができたのでした。

communication

このことは、その後の私にとって、とても大きな影響のある体験となりました。

何しろ、海外の人と英語でコミュニケーションする楽しさを、初めて知ったからです。
きちんと練習すればできるんだ。よ~し、もっともっとやるぞ!
と、そのこみ上げる気持ちが次の学習への熱意に変わっていったのでした。

ピンズラーアメリカ英語

そして、中級目指して会話力アップに取り組み、大きなレベルアップができた2つの大事なポイントの一つが、SIM英語をやって英語の語順で理解できるようになったこと。

そしてもう一つの大きなポイントが、ピンズラーアメリカ英語をやったことでした。
何が良かったかと言うと、一言で言いにくいので、思っている良い点を箇条書きで
書いてみると、

・とても聴きやすい
・ネイティブ2人の会話がとても臨場感がある
・テキスト英語ではなく本場の日常会話例が使われている
・すぐに実戦で使える、役立つ文章ばかりである
・CDだけでスピーキングメインの学習ができる
・ナレーターの指示に従うだけで学習が進み気が楽である
・スピーキングの指示をナレーターが英語で要求してくる
・先に文法やポイントの解説が入っているので、学習に入りやすい
・自分が話すための練習が多い
・記憶を定着させるため、何度も何度も話すことの指示がある
・次の課に進んでも、必要なタイミングに前の課の文を話す指示がある
       ・
       ・
       ・
英会話の初級から中級の上まで5つのコースがあり、それぞれが2万数千円の価格で高額な教材だったのですが、最初のコースをやってみたらその良さがわかってきて、結局、全コースを順に購入し、全てをやり切りました。

高額な教材にも関わらず、第5コースまでやったのは、この教材さえしっかりやったなら、本当に自分の会話力、とりわけスピーキング力はアップするだろうと感じたからでした。

一方的にただ覚えましょうという教材ではなく、単に言われるままに話してください‥というものでもありません。会話のキャッチボールが頻繁にできるような英会話教室へ行き、先生とマンツーマンで練習をしているようなフィーリングになる教材なんですね。

人間の生理的な特性や記憶のメカニズムを踏まえて、科学的にアプローチしてくる教材です。1回出てきた覚えるべきである文章は、最低3回は間隔を置いて復習させられることになります。

学んだ内容が本当に記憶に定着し易くなるような進め方をしている教材だと感じています。シンプルな学習と練習方法で自分の会話力を確実にアップさせたいと考えている方には、最適な教材ではないかと思っています。

価格が高いのが玉に傷ですが、見合う結果が期待できる優れた教材でした。
(大きな声では言えませんが、オークションで安く買えたりもしているようです‥)
お薦めの教材

前:中高年が中級目指して取り組んだ学習方法
     >次:中高年がスムーズに話すために考えた文の組立方法
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:329 t:3 y:1