トップボキャブラリを強化語呂合わせ記憶法

2) 語呂合わせ記憶法

 普段どうしても覚えにくい英単語があります。
 こういう場合には、わたしは積極的に「語呂合わせ」をして覚えるよ
 うにしています。

 すでに多くの方に知られていて、その効果はしっかり認知されている
 と思います。

 いまさら細かく説明する必要はないと思いますが、もしかしてご存知
 ない方のために、要点だけを簡単に説明したいと思います。

 少し例を上げてみます。

 例えばここに abandon という単語があって、これを至急覚える必要が
 あるとします。

 abandon 断念する

 この方法は何度も書いたり繰り返したりするのではなく、まずは単語
 とイメージをリンクさせるための「語呂」を考えます。

 abandon あ ば ん だ ん

 音は上のようになるので、意味のある日本語やストーリィを考えて、
 わたしの場合は、「」「晩だ」として、「ん」は捨てました。

 そしてそれに本来の意味の「断念する」をつなげて、夕方、暗くな
 ってきたので、遊びを「断念する」というストーリィにしました。

 「あ、晩だ 遊び継続 断念する

 このように、その単語から聞こえる「音」で日本語の単語を引き出
 し、それに単語の意味をつなげて一つのストーリィ(=イメージ)
 としてまとめ上げるのがコツです。

 その単語が聞こえると、そこから日本語の単語がいくつか聞こえ、
 さらに作ったストーリィが浮かび上がり、その中から単語の意味を
 汲み取るというやり方です。

 「」→「単語(イメージ)」→「ストーリィ」→ 単語の意味

 となります。

 1語を覚えるための手順が長く段取りが大変ですが、その分ツボに
 はまるとあっという間に覚えてしまい、一度覚えたら忘れません。

 ■ストーリィ作るときのポイント:
 ストーリィを作るとき、わたしは次の2つのポイントに注意して作
 っています。

 1) できるだけ素直に英単語の「音」から日本語の単語を考える
 2) できるだけ「くだらない、ありえない、印象に残る、ショッキ
  ングな、エッチな」ストーリィにする

 ■その他の例:
 あと少しだけ、例を上げておきますので、参考にしてください。
 それと多くの語呂合わせ暗記法の本が市販されていますので、それ
 を利用すれば簡単だと思います。

 ただし、他の人が作ったものは、作る途中の作業のことが記憶には
 無いので、どうしても自分で作るものと比べると、忘れ易くなるの
 は事実です。

 ですからわたしは、自分でオリジナルを作るのが一番だと思ってい
 ます!

 何から何まで語呂合わせ・・ではなく、ものと状況により、メモ式
 グループ式を使い分けるのが良いでしょう。

 accept     受け取る   (悪 の 接吻と 受け取る)
 accompany  ついていく  (あ、コンパに ついて行く 男)
 accumulate  たまる    (あ、急務礼と こずかい たまる)
 accuse    非難する   (悪友ず るいと 非難する)
 affect     影響を与える (汗食うと 健康に 影響与える)

■関連の記事:
 ・語呂合わせ記憶 動詞A-C
 ・オーソドックスな方法 ⇒「メモ繰り返し確認法
       「コラム」 ⇒ 第18話:忘却に勝つための単語記憶法
 ・スムーズな流れで記憶 ⇒「イメージ・グループ暗記法
 

a:8956 t:1 y:4