トップやさしい単語で上手に説明 > 英語がやさしく話せる‥

英語がやさしく話せるようになる2つのコツ

かねてより、むずかしく話す英語は止めて、自分の知っている簡単な単語を使いこなして、できるだけやさしく話そうと取り組んでいます。

今回はその中で、「なるほど、これだ!」と強く感じた2つのコツについて改めてご紹介します。

inspiration


日本語の名詞を、英語では動詞で表現するコツ

英語は「動詞」、日本語は「名詞」と言われたりします。
それぞれの言語の特徴を一言で言うと、「英語は動詞で、日本語は名詞です」と言う意味です。英語を作る時には、その違いを頭に入れておくと便利です。

具体的な例を上げてみます。

例えば「残業」の場合。

すぐに overtime / overtime work や、
残業する work overtime を、思い出せればいいのですが‥。

ここでは、名詞の「残業」を動詞を使って考えて、

残業」→ 「働く」+「遅くまで」→ working late

と表わしてその意味を伝えることができます。

もう一つの例、「出張」の場合。

出張」→「旅行する」+「仕事で」→ travelling on business

と表わせば、その意味を正しく伝えることができます。
これは、英語の特徴をよく知って話す上での、とても大切なスキルです。

 

知らない単語を自分の表現に置き換えるコツ

英語の単語は、それこそ「星の数」ほどあります。
そしてまた、新しい英単語もどんどん生まれてきています。

それらを次々に覚えていくのはとても大変です。
それよりも、今自分が知っている英単語をフルに使えるようになることが、
重要になります。

ここではその方法を覚え、どんどん応用できるようにしていきましょう。

例えば、次のようなことを言いたいとします。
「そのことが、彼の疑惑を招いた。」

ここであなたが「疑惑」に相当する英単語を知らなければ、
「疑惑 ?? あぁ、何だたっけ。わからない。もうだめだ‥‥」となって、
思考停止の状態に陥ってしまいませんか ?

こんな時には、次のように発想しましょう!

むずかしい単語」→「やさしい形容詞」+「やさしい名詞

と考えて表現します。

むずかしい単語を子供にもわかるように説明する‥‥、
このような考え方でその表現を導き出すこと。

それがここでのもう一つの大事なコツとなります。

ですから、出て来ない単語「疑惑」を言い換えてみると、

疑惑」→「悪い」+「印象」→ a bad impression

The matter gives him a bad impression.
となります。

理屈を知って、それを応用していく」、これが上達の近道となります!
 

a:359 t:2 y:7