トップ学 習 暦オンライン英会話取り組み11年を振り返って

オンライン英会話取り組み11年を振り返って

せっかく海外で身につけた30分英会話スキルを、何とか維持しようと始めたオンラインレッスンですが、慣れて緊張が緩んでくると続けるのが少しずつ負担になっていきました。

online-lesson

レッスンの時間に近づいてくると、「今夜は休もうかな」 などと考えたことは何度もありました。

しかし、レベルは低いものの海外の人たちと話すことができた経験を通し、中高年になってからやっと英語コンプレックスから開放された思いは強くて、レッスンを終了するという決断は、簡単にすることはできませんでした。

そんな感じでもがきながら続けていくと、英語で話をすることにも少しずつ慣れてきて、「そろそろ止めようか」などと考えることも減っていきました。週2回のレッスンですが、徐々に習慣化していったのだと思います。

それともう一つの理由は、フリートークで講師の方と話すのが楽しいと感じることが多くなってきたからでした。レッスンを初めた頃は緊張しながら話をしていて、ジョークを言って笑ったりすることはなかったですし、ジョークもどんなタイミングにどう言ったらいいのかわかっていなかったので。

でも、同じ講師と長く続けてきて、多少も気心が通じるようになってくると、自然に話を大きくふくらまして言ったり、軽いお世辞を言ったりなどして笑い合うことも増えていったのです。

online-lesson2

親しくなってくると、自然にジョークが出てくるようになるんですよね。なかなか楽しいものです。

良い講師と親しくなって楽しく会話する‥ということは、英会話力の上達には特効薬のような役目を果たす気がします。

長く続けることは、自身のレベルアップを図るためには、絶対に必要なことだと思っています。

レッスンの具体的やり方

話は変わって、いよいよレッスンの具体的やり方について、書いてみたいと思います。

私のレッスン25分間の構成は、
・最初の7分間:挨拶とフリートーク
・次の3分間 :前回までのテキストの復習
・残りの15分間:hanasoメソッド(テキスト+合間のフリートーク)

このフリートークの中身がレッスンのときの楽しさを、大きく左右します。
この部分で楽しいと感じれたら、レッスン全体が楽しいと感じられるものになっていくからです。

そして次のレッスンも、気持ちが軽くて多少期待をもった状態で受けることができるようになります。

そんな状態を繰り返していくうちに、オンラインレッスンが少しずつ重荷ではなくなり、楽しみなものに変わっていきました。
 
なので、「フリートークを楽しく‥」というところがとても大事だと感じています。

会話力を少しずつアップさせていくためには、テキストを使って新しい表現を学習していくことが必要ですが、その間の質問のやり取りやフリートークの部分を楽しく会話することが、レッスン全体の印象を作り上げることになるので、とても大事なのですね。

では、そのフリートークをどうやって楽しいものにするのかということ。

私のやり方は、やはり
自分の興味のある話題で会話をする
ということでした。

単なる勉強だけではなく、自分の好奇心を同時に満足させる・・というスタンスです。講師の方もきらいでない話題ならば、必ず楽しい雰囲気で会話することができたと感じています。

まずは自分が興味もって楽しく話すことができる話題にするということが大事です。

レッスンが始まって、自分が話すときになったそのときに、突然興味のある話題を思いつくということは、なかなかできないものです。なので、先にその話題を考えて準備しておくということが必要だと考えています。

一つの例として、私は新しい講師には必ず質問する話題、
英語の会話力を伸ばすための方法
について、会話をしています。

online-lesson

この質問を投げかけ、何か大事なヒントが得られないか、いつも興味をもって会話しています。

講師の方が、
・どうやって英語力をアップさせてきたのか
・その体験の詳細について尋ねてみる
そして、
・効率の良い、効果のある学習方法について、アドバイスしてもらう
さらには、
・自分の作った質問文について、チェックをしてもらう

という内容で、興味を湧き上がらせながら楽しく会話をしています。

 

具体的な質問例

いろいろな学習や実践をして会話力を伸ばしてきた経験者の体験について、その詳細の部分を聞くということは、英語学習者にとってとても興味深いテーマです。

講師の英語学習の経歴について細かく質問するわけですが、具体的には次のような質問をするようにしています。

・いつ頃から英語を学習し始めたのですか?
・最初に英語を教えたのは誰ですか?
・いつ頃に一番自分の英語力が伸びたのですか?
・その理由は何ですか?
・スピーキング力はどうやって訓練したのですか?
・リスニング力はどういう勉強法でやったのですか?
・日本人にはどんな学習方法が良いですか?
・効果が確信できる学習方法を、2つ紹介してください。
他に、
・1日に何%くらい英語で話していますか?
・自宅では英語で話しているのですか?
・ご両親/ご兄弟は英語が話せるのですか?
・フィリピンの人は何%くらいが英語が話せるのですか?
・官公庁や銀行、病院といったところはすべて英語ですか?
         ・
         ・
このような自分が興味をもっていることの質問ですが、すぐに英文で作るのがむずかしいときは、先に日本語で書き出してから、それを英文にして準備しておくようにしていました。

大事なポイントは、それを1冊のノートに、できるだけ間隔を空けて大きな文字で書き、目立つ部分に質問グループごとのキーワードを書いておくようにすることです。

それにより、目で書いてある場所を探すということがなくなり、あとからいろんな追記もできるので。

この作業をしておくことで、その英文が少しは自分のものとなり、英作文能力を高めていくことにもつながります。もちろんその文を次に言うときは、比較的スムーズに口から出てくるようにもなります。

online-lesson3

レッスン前には、これらの中から是非聞いてみたいという質問を3つくらい選んでおいて、レッスン途中の適当なタイミングにこれらの質問をして、楽しい会話へと入っていくわけです。

相手の返答に対しては、その返答の理由を尋ねなおしたり、自分の考えを述べるなどして、会話のやり取りをどんどんふくらましていきます。

質問攻めのようにならないよう注意していますが、まだ気心が通じていない先生のときは、最初のときに、
今日は質問が多いですが、気を悪くしないでください。
私の英語学習のためなので。
というようなことを、あらかじめ言っておいた方が良いかも知れませんね。

このような感じで会話を繰り返していると、だんだんとリズムができてきて、スムーズな会話ができるようになっていきます。

繰り返しになりますが、私がレッスンを受けるに当たって大事だと思っていることは、「自分が楽しめる会話をする」ということです。

ここが、長くレッスンを続けていけるかどうかのカギになると思っています!


a:123 t:2 y:0