レストランの入口で怒り爆発!頭の上から噴火(後編)

前回、レストランへの入室を断られて怒りが爆発。
こんなレストラン、もう2度と来るか!
と、早々に引き上げたのですが、妻の悲しそうな顔を見て怒りを鎮め、時間をずらして再予約。

ブラックの革靴を調達したあとに再トライし、
Perfect !
の一言で、ようやく中に入ることができたのでした。

restaurant

例のスタッフ(もしかしてマネージャー)にレストラン内に入ることを認めてもらえたので、「やれやれ・・」と心の中で呟きながら中に案内されて行きました。

 

テーブルへ移動

20組は入ると思われる広い室内に、我々を入れてまだ3組。
お客が少ないから・・と、店のポリシーを緩めることはまったくしないペニンシュラホテルのレストラン。まあ、一流どころは簡単には妥協しない・・という姿勢は、当然なのでしょうね。

左側が生演奏のエリアとなっており、比較的近い奥の静かなテーブル席に案内してもらい、着席しました。店のスタッフに椅子を引いてもらって座るのは、久しぶりです。

order

間髪を入れず絶妙なタイミングでボーイがやってきて、ワイン・料理の注文を確認して行きました。初めての場所で良くわからないので、当然のようにコース料理をオーダー。もちろん全て英語でのやり取り。

1品1品持ってきてセットするたびに、毎回丁寧に料理の説明をしていきます。妻は英語がわからないのとお腹がすいているため、
あー早く行ってくれないかなー。もう食べたいんだけど・・」
という顔をしています。

わたしは、その都度
Thank you.」‥、「Thank you.」‥、「Thank you.」‥、
・・と。

 

鋼の心をもつスタッフ再接近

少しあとになって、例の入り口でもめたスタッフ(もしかしてマネージャー)が寄ってきました。そして、

料理はいかがでしょうか?
日本からおいでですか?
観光でいらしたのですか?
と、香港へ来た理由を尋ねてきました。

そこでわたしは、
実は結婚20周年記念なので、二人だけで香港に来たんです。
というと、
それはそれは、よろしいですね!
と言ったあと、すぐにどこかへ行ってしまいました。

それで会話をしながらゆっくりと料理を味わっていると、今度は何かを持ってまたこちらの方へやってきました。

何と!結婚20周年だと聞いたのですぐにキッチンコーナーに行き、料理を作るスタッフに話をして、記念の
デコレーションローソクおめでとうの文字
を即席で作り、持ってきてくれたのでした。

congratulations

そして、テーブルの二人が座っている側の中央に置き、にこやかな笑顔で、
Congratulations !
と一言。

さらに、生演奏をやっているグループのリーダーへ近寄って行き、そっと耳打ちをしていました。するとすぐにヴォーカルの人がやってきて、

何か歌をプレゼントしたいので、日本の曲をリクエストして下さい!

エッ!
と、少しびっくり。

先ほどのスタッフが気をきかせてくれたのだと感じ、曲を選んで伝えました。

残念ながらいくつか選んで伝えたのですが「sorry」とのことで、結局、自分から、
越路吹雪の愛の賛歌はいかがですか?
・・と。

もちろんOKです。どうぞお願いします!
と返答。

そして静かに演奏が始まり、彼女は愛の賛歌を歌い始めました。
あなたの燃える手で・・・・

singer

さすがです!まさにプロ。すごい歌唱力!
自分で指定しただけはあります。
本当にすばらしい声でした!

いろいろと複雑な感情の上げ下げがあったあとなので、とにかく「感無量!」と言う気持ちで一杯でした。

入場する時は、
こんなところ!
何だこのスタッフは!
という気持ちで入ってきたのですが、

最初にひと騒動あったことによって、我々を意識してサポートしてくれて、さらには一旦来場したお客さんに対しては1流のサービスをする。そして、楽しく気持ち良い時間を過ごしてもらおうという、サービスのプロを感じさせられたひとときとなったのでした。

帰りのエレベーターの中で、一言

こんなレストラン・・・・・・・・また、来たいなぁ!


a:790 t:1 y:2

コメント


認証コード5344

コメントは管理者の承認後に表示されます。