「基本文」と「会話例」をしっかり暗記(その1)

前回の記事で、話せるようになるための自分なりの取り組みとしては3つあると書きました。
1)「基本文」と「会話例」をしっかり暗記して、話すための基礎作り
2)文を作るための各要素の理解と、その組み立て方法を習得
3)毎日少しでも、頭の中で英語で考えることを習慣化

今回は、まず最初に取り組んだ
1)「基本文」と「会話例」をしっかり暗記して、話すための基礎作りの詳しい内容について、書いていきたいと思います。
 
child english
 

 

話すための基礎作り

英語を話せるようになるためには、まずは中学英語の1年から2年までの基礎の部分をしっかり身に付けておく必要があります。(中学3年の英語は、少しだけ話せるようになってからでOK → あと回しにしました)

自分の場合、英語はかなり好きな科目だったので、一般的な単語や熟語、そして文法などもある程度理解できる力が残っていると思っていたので、あらためての机上学習はやりませんでした。

必要なのは、リスニングやスピーキングの実践練習であり、そのために必要な基礎知識の部分は、実践練習を進めていく中で同時に復習していけば良いと考えていたからです。

そのためにまず行ったことは、短くて簡単で覚え易い基本文を選び出し、しっかりと暗記して、いつでもすぐに使えるようにすることでした。

あとで、そのときに抜き出した簡単基本文(小学生英会話)を示しますが、英文を見たら、ほとんどすぐにその構文や単語、そして文の意味を理解することができたのですが、日本文を見て瞬間的に英文を作り出し、話すというところまではできていませんでした。

英作文の当時のレベル

「日曜日はあなたは何をしますか?」

何を → What
しますか → will you do / are you going + to do(どちらを使うべき?)
日曜日は → on Sunday

・・の順に考えながら、文の構成を決めていき、次のように全体がまとまって、文法的にも間違っていないように思えてから、

What are you going to do on Sunday?
と、文全体を発生するような流れでした。

つまり、瞬間的に文の各要素をまとめながら、即座にその要素部分を発生していくというレベルではありませんでした。聞いて理解するのは比較的早いのですが、自分が文をまとめながら話すことは、かなり「もたもたしてしまう」というレベル。

この部分をクリアするには、これらの文をしっかり暗記して、瞬間的に文を作りながら(文法的に正しいか・・などと考えず)話し始めていけるようにしようと取り組んだということです。

そして、きっちり暗記してすぐに話せるレベルになったら、次はそれぞれの文の単語(固有名詞や動詞など)を瞬間的に入れ替えて、新しい文を作り出し話せるようにしていこうと考えていました。

このように取り組んでいた当時は、仕事でベトナムに行って生活していたときだったので、英語が通じるホテルやレストラン、スーパーマーケットなどで、誰彼となく話しかけて、「通じた‥/通じなかった‥」と、覚えた文を使っての武者修行を繰り返したのでした。

この「通じるかどうかトライ」をしたおかげで、大きく自分の会話力が前進したと思っています。このときから、少しだけ英語が話せるようになったと、自信を持って言えるようになりました。(やはり実践トライが自信を付ける上でとても大事です)

以下はその時に使っていた「楽しくまなぶ小学生の英会話」の中の会話例から抜粋した基本文です。私が一番最初に作った基本文リストで、毎日毎日早朝に音読を繰り返して覚えたのでした。
 

 

小学生の英会話、基本文

01)日曜日はあなたは何をしますか?
   What are you going to do on Sunday?
02)あなたは中国料理をどう思いますか?
   What do you think of Chinese foods?
03)あなたは何の音楽が好きですか?
   What music do you like?
04)あなたはどんな種類の飲み物が欲しいですか?
   What kind of drink do you want?
05)あなたはお茶とコーヒーのどちらが好きですか?
   Which do you like better, tea or coffee?
   
06)あなたはどれが好きですか?
   Which one would you like?
07)あなたは誰と一緒に行きますか?
   Who are you going with?
08)あなたの誕生日はいつですか?
   When is your birthday?
09)なぜあなたはアメリカへ行きたいのですか?
   Why do you want to go to America?
10)あなたは明日どこへ行きますか?
   Where are you going tomorrow?
 
11)これらは誰の本ですか?
   Whose books are these?
12)あなたは昨日誰に会ったのですか?
   Whom did you meet yesturday?
13)あなたはどうやって英語を勉強したのですか?
   How did you study English?
14)あなたは何枚のCDを持っていますか?
   How many CDs do you have?
15)あなたは1ヶ月どれくらいのお金を稼ぐのですか?
   How much money do you get per month?
 
16)これでどのくらい(お金を)借りることができますか?
   How much can I borrow on this?
17)医者に診てもらったらどうですか?
   How about seeing a doctor?
18)ここから駅まではどれくらいかかりますか?
   How long does it take from here to the station?
19)ここから東京まではどれくらいの距離ですか?
   How far is it from here to Tokyo?
20)あなたはどれくらいテニスをするのですか?
   How often do you play tennis?
 
21)あなたは今年の夏、アメリカへ行きますか?
   Will you go to America this summer?
22)あはたは私のために料理を作りますか?
   Will you cook dinner for me?
23)あなたはケーキが欲しいですか?
   Would you like some cake?
24)私にあなたの電話番号を教えてもらえませんか?
   Would you tell me your phone number?
25)あのカメラを私に見せてもらえませんか?
   Would you show me that camera?

26)少しの間あなたに話しかけても良いですか?
   Can I speak to you a moment?
27)明日、私に会いに来れませんか?
   Could you come and see me tomorrow?
28)それを使っても良いですか?
   May I use it?
29)写真を撮っても良いですか?
   May I take a picture?
30)あなたにコーヒーを買いましょうか?
   Shall I buy a coffee for you?
 
会話例は、次の記事で。


◆トップへ戻る


a:163 t:1 y:2

コメント


認証コード5318

コメントは管理者の承認後に表示されます。