決まり文句の暗記用音声データ作成に音声合成を活用

今回は英文の決まり文句暗記用補助ツールとして使っている、「音声合成」ソフトについて紹介します。

日常英語を話す中で多くの決まり文句があります。

固有名詞が含まれていない文を決まり文句とした場合、もしかしたら日常会話で必要な英文の半分以上は、その都度の表現が変わらない決まり文句かも知れません。

半分というのは正しくないとしても、かなりの数があるのは間違いないでしょう。

固有名詞がなくていつも同じ表現の文であるならば、早々にその多くを覚えてしまえば、会話がどれほどか楽になるのではないでしょうか。

暗記をするというよりは、何度も繰り返し読み上げた音声をリラックスしながら聞いて、記憶に少しずつ刷り込んでいく作業・・というところでしょうか。

音声データの作成

もしもそれを実際にやろうとするときには、音声データが必要になります。

voice synthesis

購入した英語本にCDがついているならば、すぐに音声データを利用することができますが、自分で考えて選んだ英文の場合は、当然その音声データがないので、自分で作らなければなりません。

自分の声で読み上げて、デジタル録音して作るということもできるのですが、どうも自分の声だとはずかしくて聞きにくいと思うのは、自分だけでしょうか。

私も同じです・・というのであれば、今回紹介する「音声合成」ソフトを試してみてはいかがでしょうか。
 

 

Windows7,8,10 簡単操作

Windowsには、コントロールパネルに「コンピューターの簡単操作」というのがあり、その中に2つの操作補助ツールが用意されています。「音声認識」と「音声合成」です。

音声認識」は、マイクに向かって声を出して読み上げたら、それをテキストに変換してくれるソフトです。また、録音したデータから文字起こしをすることもできます。

音声認識については、次の姉妹サイトに詳しく書いていますので、ご確認下さい。
>>>音声認識ソフトの実力評価と学習能力活用

音声合成ソフト

音声認識もとても便利な機能ですが、今回紹介するのは「音声合成」のソフトについてです。

音声合成ソフトというのは、日本語や英語のテキストデータから実際の音声データを作り出してくれるというソフトになります。

テキスト文を入力(または貼付け)すると、音声合成してスピーカーから発声させる(読み上げる)ことができ、さらにはそのデータをWAVデータとして保存することもできるのです。

つまり、英文テキストを入力すると、それを音声データに変換して声を出して読み上げてくれるのです。(日本文についても同様です)

実際に何度もテストしてみましたが、100点満点中80点くらいはあげても良いくらいの出来でした。

このくらいであれば、暗記したい英文から音声データを作り出し、それをmp3プレーヤーに入れて何度も何度も聞いて覚える・・ということに使うことができると思っています。

テキストデータは直接入力しても良いですし、テキスト入力済のファイルを開く形でも、コピー&ペーストでも、ドラグ&ドロップするというやり方の、どれでも可能となっています。

フリーの音声合成ソフト

少し説明が逆になってしまいましたが、メジャーなフリーソフトは次の4つ。
Balabolka」、「テキストーク」、「SofTalk」、「JukeDoxフリー」。

いろいろと試してみて、その完成度から最後は「Balabolka」を選んだのでした。もちろんテストした上でのお薦めです。

まずはソフトのダウンロードとインストールです。

①Balabolkaのダウンロード
無料音声読み上げソフト「バラボルカ」
http://www.cross-plus-a.com/jp/balabolka.htm

②ダウンロードされた「balabolka.zip」をダブルクリックしてファイルを全て展開します。

③新しくできたフォルダ「¥balabolka」の中にあるsetup.exe」をクリックしてソフトをインストールします。

④デスクトップに「Balabolka」のショートカットができていますので、それをダブルクリックするとプログラムがスタートします。

Balabolkaを使ってみる

プログラムをスタートさせると、次のような画面が開きます。

Balabolka

上の部分にあるアイコンの中に「スタート」「一時停止」「停止」のボタンがあるので、それをクリックした簡単に音声合成を開始したり停止することができます。

使用機材:
①音声合成 :バラボルカ(Balabolka)
 変換プラットホーム  :Microsoft Anna [英語(米国)]
 オーディオファイル保存:バラボルカ(wav形式でした)
②データ変換:Quintessential(wav→mp3)→ mp3形式への変換が必要であれば
③再生   :Quintessential(プレイバックにトラックのリピートを設定)

mp3プレーヤーを使う場合は、②でデータ変換(wav→mp3)をしてから、何度も繰り返して聞くようにしています。目で英文を眺めながら。

私はPCではQuintessentialを使っているので、そちらはWAVファイルをそのまま使って繰り返し再生をしています。

音声合成の具体的詳細は、次のページで確認してください。
テキストから音声合成、その音声から音声認識
英文テキストを音声合成保存、再生して音声認識
Blog Top


a:1139 t:1 y:2

コメント


認証コード8821

コメントは管理者の承認後に表示されます。