スムーズに話すためには2つの力が必要という考え方

久々に早朝の音読を始めました。かつて、重要例文を集めて自分のいろいろなことをすぐに説明できるようにと、まとめた1分間のトーク集を使って。

ここ最近、素早く英文を組立てながら話す練習が中心で、音読練習にはあまり力を入れてなかったように感じていたことと、以前に覚えた例文がその頃のように素早く出てこなくなったような気がしたためです。

音読

「これはいかんな!」と感じ、このようなアラームに気づいたときにはすぐに対応して、再度強化を図るのが自分の取り組み方の一つ。

中高年も歳を重ねてくると、さらに記憶保持力が弱くなってくるのは当然なので、毎日メモリに刺激を与えてリフレッシュすることが必要です。そのための音読練習は欠かせないものだと、よく理解はしているのですが・・なかなか。
 

 

一つの決心

英語は単に意思疎通のツールなので、少しくらい遅く話しても、きちんと意味が伝われば良い・・と割り切ってきました。しかし、長く続けてそれなりに英語でコミュニケーションがとれるようになると、今度は「もう少し早く話せるようにしたいな・・」と、少だけ欲も出て来たこともあります。

また、10年以上もオンライン英会話レッスンを続けてきて、ここのところあるレベルに達して、このまま同じように続けていたのでは、これ以上のレベルアップができないのではと、少しだけですが感じている部分もありました。

そのため、久しぶりに英語学習において、一つの決心をしました。

ここしばらくは、もっと素早く話せるようにするための取り組みを行ってみよう
そして、
まずは基本に戻って、ここ最近不足していた音読からスタートしよう
その後、状況を見ながら微調整していこう
と。

やり方としては、以前取り組み暗記していた重要例文をプリントアウトして部屋に貼り出しておき、いつでもすぐに確認して音読練習ができるようにしました。

繰り返し音読練習している文は、すぐに頭に浮かぶようになり、すらすらと話せるようになることもよく理解しているのですが。つい・・。
 

 

2つの大事な要素

ここで、今回の状況についてもう少しよく考えてみました。

フリートークなどに英語で話すときは、文を作りながら話すため、英語を話す機会の少ない日本人としては、どうしても話すスピードが遅くなってしまうことがよくあります。

相手の方が待ってくれていると、その気配を感じるときもたまにあるので、何とかしたいのですが、中高年の動きの固い歯車では何ともしようがないのでしょうか。

いろいとと考えて、一つの結論にたどり着きました。
滑らかなトーキングには、2つの大事な要素がある」と。

一つは、スムーズなセンテンスの組立てです。

思っていることをスムーズに英文化していく力で、これは脳力だと思います。クリエイティブに思っていることを伝えるための英文を作っていく力です。

そしてもう一つは、滑らかな口の動きだと思います。

英語を話すチャンスの少ない日本では、日常生活の中で英文を読み上げるようなことは、まったくありません。

そのため、オンライン英会話の25分と少しの予習復習時間を週に2回程度では、話す筋力が少しずつダウンしていくような気がします。

従って、レッスンとは別に、話す筋力を鍛えるための練習が必要だということ。よく出てくる重要な例文などを繰り返し音読して、話す筋力の減退を防ぐ必要があると思うのです。

この力は、最初の文を組み立てる「脳力」に対する、話すための「筋力」だと思います。

何度も音読を繰り返すことは、この話す筋力を鍛えると同時に、練習で使った英文をすぐに記憶から引き出すための脳内の「回路」を作り上げていくことにもなります。

英文を創出する「脳力」と、それを話すための「筋力」を鍛え、脳内の知識を素早く活用するための「引き出しへの回路」を作るトレーニングが必要ではないでしょうか。

この考え方を意識して、今後しばらくフリートークの話題作りと音読を、並行して進めていこうと思っています。

■例文のひとコマ
【06】フィットネスクラブ
A:How many times a week / do you go to a fitness club?
B:I go there / at least / three times a week.
A:How do you manage to go to the club / so often?
B:Because I can refresh myself / by doing exercises / there,
  I can concentrate on my work more and finish it sooner / the next day,
  which allows me / to leave the office early / enough to visit the club -
  / three times a week.
お薦めの本>独習3時間 少し話せる人の英会話練習帳 より)


a:160 t:1 y:4

コメント


認証コード3967

コメントは管理者の承認後に表示されます。