英会話始めるにはリスニング力が第一。そのコツは‥

オンライン英会話に初めてトライするとき、一番問題になるのがリスニング力。相手が言ってることを理解できなければ、会話は成り立たないのです。

相手の言ってることを一切無視して、自分から次々と質問だけを繰り返すというのは、会話していることにはならないからです。

conversation

そのため、自分の足りないリスニング力をどうやって補うのか、あるいは、少しでも聞き取れるようになるコツなどあるのか・・。

今回は、そのための取り組み方について、書いていきたいと思います。

 

リスニング力不足を補う

まず最初に、その結論です。

①使える文やフレーズや単語を増やす
→基本的に自分が話せる文や単語は聞き取れる
→(ここはどなたも異存はないでしょう)

②話題を絞る(例えば「食事、料理」)
→出てくる単語やフレーズの範囲が限られる。
→使うことになる文も限られてくる。
→聞き取りのターゲットが決まっているので推測しやすい。

③会話例文を質問と返答をセットで作り用意しておく
→順番を変えればいろんなパターンに。両方覚える。

I like French food. (自分
What kind of food do you like? (自分
という形で作る。

これは、
What kind of food do you like? (相手
I like French food. (自分
という形にもなるし、

What kind of food do you like? (自分
I like French food. (相手
という形にもなりえます。

なので、この2文を覚えておけば、いろんなパターンに対応できるようになります。

④会話例をイメージトレーニングして覚える
→ 覚えた文は話せるし、何よりも「聞き取れる」ようになる。

⑤SIM英語で耳を鍛える
→つながって聞こえる二つの単語が聞き取れるようになる。

大きくは次の3つにまとめましたが・・。
話題を絞る
例文をセットで覚える
耳を鍛える
 

 

最も大事なコツは

実はもう一つ、最も大事と思っているコツがあります。

それは、初級時の極端な対応方法になりますが、
文法のくびきから離れる
です。

具体的には、「文法に従った文として理解することを止める」です。つまり、一つの整然とした文に訳すことを止めるということです。

聞き取れた文はそれでいいのですが、聞き取れないような文は、文ではなく単語の羅列として聞き取り、意味はそれらの単語から自分で推測して理解するというもの。

日本人の多くは、試験英語で頭の思考回路が固められてしまっているため、すぐに文法の枠の中に当てはめて、聞き取って理解しようとします。(文を作る場合も同じです)

でも、日常会話は文法試験ではないのですね。
100点満点の英語は必要ないのです。

文法50点の英語でもOKですし、ときには文法を意識から外して、単語だけを使って70%くらいの意味を伝えたり理解しながら、上手に会話を続けていくということもできるのです。

長い文章では単語の数が多くて、そのようにできないことも多いですが、日常会話では通常は短い文が多いので、単語だけを対象としてもやっていけることが多いのです。

まずは、会話レベルの点数は低くても、それらしい会話のキャッチボールを25分間続けることができれば、まったく問題はないのです。(オンライン英会話レッスンで)

継続する中で、少しずつレベルを上げて行けばいいのです!
 

 

具体的な例

ここで一つの例を上げてみます。

What time did you get up this morning?
との質問があったとき、あなたはどのように意味を理解するでしょうか?

このようなときには、
[what time] [you] [get up] [this morning]
何時」 「あなた」「起きる(た)」「今朝
というように単語を聞き取り、全体の意味を推測してつかみ取ります。

日本語での会話でも、
何時 あなた 起きる 今朝
という単語を見たら、だいたいの意味は理解できるのではないでしょうか。

もしも、did という単語を聞き漏らしても、「今朝」という単語と「起きる」という単語で、過去形で「起きた」と聞かれていることを理解することができます。

初級の人の少し極端な対応と書きましたが、実は、話すことに慣れている中級の人であっても、全文をクリアに聞き取れなかったりするときは、聞き取れた情報で全文の意味を推測して理解するということは、よくやっていることなのです。

まずしばらくは、文法への意識負担を減らすため、
・単数/複数
・三人称単数
・現在/過去/未来
などのルールも、最初はあまり気にしないようにしましょう。
自然にできるものだけにして・・。

こちらは非ネイティブの英語初心者なのだから。

できたら最初に、講師の方に
・しばらく文法の間違いは、聞き逃して欲しい。
・会話のやり取りを続けることに、注力したいので。
と、お願いしておいた方がいいかも知れません。

先に紙に書いておき、それを講師に見せればOKですよ。


a:207 t:1 y:0

コメント


認証コード0460

コメントは管理者の承認後に表示されます。