受動態ではなくよりアクティブな能動態を使う

今回は、できるだけシンプルに話すためのもう一つコツ。
能動態で話す」について説明していきます。

まずは次の例文を見てください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】
消費税は価格の中に含まれています。
Tax is included in the price. (受動態)
     ↓
The price includes tax. (能動態)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【2】
そのプロジェクトは私の上司によって開始された。
The project was started by my boss. (受動態)
     ↓
My boss started the project. (能動態)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【3】
この本は H.村上によって書かれた。
This novel was written by H. Murakami. (受動態)
     ↓
H. Murakami wrote this book. (能動態)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

能動態で話す利点

simple speaking

すでに言おうとしていることが、感じられたのではないでしょうか。

つまり、能動態の方が簡単な文となるので、会話のときに頭の中で組み立てる作業としては、少し楽になるということ。

誰が(主語) → ~する(動詞) → 何を(目的語)」
というように、単に、左から右へ順に並べていくだけ。

・不規則な動詞変化に気配り不要
・語尾発音を気にする必要なし
・シンプルなので聞く方も分かり易い

とてもメリットが多いです!

 

話し方を変える

ということで、もう一つ例題を。

彼女はみんなから好かれています
     ↓
日本文の通り考えていくと、
「She is ...」というように受動態の文になっていきそうですが・・・

考え方を転換して、
・「~された」という表現は、「~した」という言い方に
・主語を替えると「受動態」は「能動態」に

ここは主語を「彼女」ではなく「みんな」にしてみます。
すると、「みんなが彼女のことを好いている」という能動態の文に変わります。

Everyone likes her.

はい、とても簡単です!

まとめ

能動態で話すということは、ややこしい過去分詞を使う必要がないということ。

受動態はできるだけ使わないで能動態で話すようにすると、文意を変えずに、話し相手に簡潔に伝えることができます。

「知っている単語でシンプルに伝える」= 能動態

まずは知っている語彙を使って、シンプルな会話に努めた方が、絶対に進歩が早いですよ!


a:70 t:3 y:4

コメント


認証コード8658

コメントは管理者の承認後に表示されます。