楽しい英会話。でもむずかしい英語学習

学生時代以来、長い間英語を避けてきた英会話コンプレックス人間が、中高年になってからあるきっかけがあって英語学習を再開。

切羽詰まった事情のため、中学時代の教科書を引っ張り出して復習を始め、単語や熟語、基本文の暗記をしながら毎日音読をしたものでした。

暗記と音読

半年ほどでカタコト英語が話せるようになり、1年経つ頃には30分くらいは1対1で日常会話ができるようになったと思います。それは「実戦」のおかげでした。

それから17年。今ではジョークを交えて楽しく日常会話ができるようになりました。何時間でも・・。

でも、ほとんど高度な英語は使っていません。もっぱら中学3年間の英語をフル活用しているというのがその実態です。つまり、中学英語で通常の日常会話は、「問題なくできる」ということ。

それに、接続詞を上手に使うことと副詞節や形容詞節、そして気のきいた表現をいくつか使いこなせるようになり、自称「中級」の英語学習者と名乗っている次第です。

英語が話せるようになって、自分の視野が本当に拡大したと思います。そして、世界というフィールドへ、自信をもって出て行けるようになったこと。今では自分にとっての大きな財産となっています。

いままでの英語学習の歴史を振り返ってみると、何度も挫折しそうになったことがあります。そのあたりを振り返って、英語学習のポイントを整理してみると、次のようになりました。
 

 

自分にとっての英語学習のポイント

・続ければ、誰でも話せるようになる
・でも続けるのが一番むずかしい。

・ある知識レベルになったら、そこから話せるようになるというのではない。
・もてる知識分だけ、すぐに話せる。その後は少しずつレベルアップしていくだけ。

・集中的に長時間学習すると充実感があるが、必ずその反動もある。
・短期間で疲れ飽きてしまい、続かなくなる。

・毎日、ちょっとずつやるのが良い。そして習慣化が大事。
・簡単に学習、復習できるしくみ作りが重要。

・良い教材があると、英語学習が続く。
・自分の場合、「ピンズラーアメリカ英語」と「SIM英語」

・日本には実戦の場が少ない。
・少しでも実戦の場があると、英語学習が続く。

これが一番の近道!

学習、リスニング、スピーキングを毎日少しずつ・・がとても大事だと思っています。

また、私の場合は海外に行くチャンスが多かったことと、英語を話す人と友人になれてから、モチベーションが大きく変わりました。当然、英語を学習する姿勢も変わりました。

「英語学習」というよりは、次に話すための準備」という位置づけに。

英語を話せることの楽しさがわかったことが、英語学習の大きな「継続パワー」につながりました!
Blog Top


a:815 t:2 y:1

コメント


認証コード5095

コメントは管理者の承認後に表示されます。