日本語を一切使わない時間を増やすには(2)

さて前回の続きです。
・まったく日本語を使わない時間を作る
・その時間に浸ることを続ける
・会話力がアップする
という筋書きですが、はたして日本語を使わない時間を作れるのか・・
というところが、今回のポイントです。

ネィティブとの接触がほとんどない現在の環境で、どうやったら
隣にネィティブ会話のキャッチボール
状態が作り出せるのでしょうか?

speaking

いろいろと考えて自分なりのある結論に達し、現在はそれに取り組んでいるところです。一人で行う訓練としては、とても良いやり方だと思っているので、必ずや会話力が1段レベルアップできるようになると信じて続けています・・。(信じたい!)

まず始めに

普段、いろいろな形で英語勉強をやっていますが、その際に
まったく日本語を使っていない瞬間
が、少しでもあるのかどうかを考えてみました。

・オンライン英会話レッスンのとき
・SIM英語(CBCニュース)のリスニングのとき
・音読パッケージでリピーティングをしているとき
・本を読んでいるとき
などです。

hanasoでオンライン英会話レッスン

1) 会話をしているとき
頭の中で英文を作りながら話そうとしているときは、日本語は使っていません。

2) 相手が話しているとき
英文のまま内容を理解しようと集中しているときも、日本語は一切使っていません。

3) 何か一人で考え事をするようなとき
やはり、日本語を使って考えていますね。

次々と会話を続けているときは、ほとんど日本語を使っていません。間をおくと、日本語が出てきてしまうという結果でした。

朝のウォーキングでSIM英語

次々に正確に聞き取ろうと集中している状態のときは、日本語は使っていません。英語だけの状態でした。

listening

そのときのやり方ですが、わたしは英語音声を訳そうとはしていません。150%skipのCD再生音声から、正しく英文を聞き取ろうとしているだけ。

どちらかというと、単語やフレーズのスペルを正しく聞き取とるところに重点を置いています。そしてそれぞれのフレーズからそのシーンをイメージして、内容をつかみ取ろうとしています。

集中して次々にリスニングを行っているときは問題ありませんが、ふと別のことを考えたり、聞き慣れない単語が出てきたときなどは、そこに日本語の思考が入って考えていることに気がつきました。

車の中でリピーテング(音読パッケージ/体験記)

やはりリピーティングを集中してやっているときは、英語だけのモードになっています。日本語は使っていません。集中が途切れて考え事をしてしまうと、日本語が出てきます。

その他

英語の本やテキストを見て勉強しているときは、英語モードと日本語モードが混在しています。

しかし Side by Side のような日本語を使っていないテキストを集中して勉強しているときだけは、日本語の使用はほとんどありません。Side by Sideを選んだ理由は、やはり日本文がまったく無くて絵が非常に多いからですね。

また音読を集中してやっているときは、まったく日本語は使っていません。それから、集中して英文の小説を読んだりしているときも、日本語は使っていませんね。

しかし全て自分のペースで進めていくものは、途中で集中力が途切れてしまい、そこから日本語が出てくるようになります。

以上が、わたしの英語学習をしているときの、日本語/英語モードの確認結果でした。

 

英語環境作りの方法

いろいろ考えた中で良いなと思った英語環境の作り方は、次の4つでした。

1)オンライン英会話レッスン

やはりこの方法がまずは一番でしょう。会話のキャッチボールの環境の中で、日本語を使わずに素早く英語で対応していく練習ですね。そして勉強した内容を残しておき、あとでまた復習ができるように、テキストを使うのが良いと思います。

⇒できるだけ1回のレッスン時間を長くして、英語にどっぷり浸かる時間を増やすのが良いと思っています。

2)集中してリピーティング

よけいなことを考えると日本語が出てくるので、CDのペースで進められていくのが良いと思います。やんわりとCDに追われる中でリピーティングを続けるやり方。とにかく何度も何度も繰り返すこと。

repeating

3)集中してシャドーイング

できたら二人の会話例のCDを使い、片方の役になってシャドーイングするやり方です。Aさんの会話のあと、Bさんが会話をしますが、そのBさんの会話を聞きながらすかさずシャドーイングをします。時にはAさんの方をシャドーイングします。Bさんの会話は聞き取るだけ。

実際の会話に雰囲気が近づくような状態でシャドーイングを行い、英語モードを長く続ける練習になります。リピーティングより負担が少なく、実際の会話に近い中で練習できるので、まずはリピーティングよりもシャドーイングの方をお薦めします。

3)英文字幕付き映画鑑賞

画像と音声、字幕の3つを見ながらストーリィをアバウトで理解していくやり方。
この方法もなかなかお勧めです。字幕を訳さないように注意。
Good morning!」は誰も訳さずに理解できると思いますが、同じやり方でストーリィを理解するように努めます。

watch movie

4)集中してリスニング

時間を決めて集中してmp3の音声を聞き続けるやり方。時間を長くし過ぎると集中力が途切れ、別のことを考えて日本語が出てきてしまいます。

最初は3分程度から始め、徐々に長くしていくのが良いと思います。聞いていてだんだんひきこまれていくようなおもしろいストーリィの小説があれば一番いいですね!

いずれのやり方も自分のペースではなく、相手のペースでどんどん進んでいくやり方です。その方が雑念が浮かばず、日本語が出てこない状態が続きます。

また、相手のペースで進んで行くほうが、自分としても楽に続けられるのではないでしょうか。(楽なやり方だと長く続けられます)

最後に

自分も参加して(スピーキング)会話のキャッチボール訓練になるのは、やはり
1)オンラインレッスンと2)リピーティングです。

2)リピーティングは会話のキャッチボールではありませんが、以前書いたように、リピーティングの途中で単語を瞬間的に変更するやり方で行えば、スピーキングのための訓練となります。

オンラインレッスンができない方は、3)のシャドーイングで足慣らしをしたあとに、2)のリピーティング3)の映画鑑賞の両方を行うのが効果的だと思います。
Blog Top 

a:1153 t:1 y:2

コメント


認証コード1464

コメントは管理者の承認後に表示されます。