「頭の中で考える」とメモリーノート活用

 
「頭の中で考える」訓練ですが、あまり無理せずにできるようなレベルではありますが、相変わらずぼちぼち続けています。

最近は、その練習をしようとすると、わりとすぐに英文が浮かんできてスムーズに進めることができるようになりました。

ですが、特に英語力が伸びてきているなと感じるような実感はまだありません。

最近の取り組み

そのような状態の中で、最近は少しやり方に別のものを加えて、継続トライしています。

1)使いこなせるべき基本文を書いた英語基礎ノートの作成
2)朝の5分間、ノート見ながら基本文音読(時折り単語を入れ替えながら)
3)基本文を頭においての「頭の中で自分に質問して、考え、返答する」

音読

 
あまり盛りだくさんにすると、すぐに続かなくなるので、できるだけ5分間程度で軽くできるようなやり方で、何回か繰り返すようにしています。

まったく何も無しに、頭の中で考えることをやっても良いのですが、だんだん慣れてはいっても英語レベルのアップにはあまりならないような気がしてきたので、使いこなせるようになりたい例文を書いたノートを作り、それを中心にして進めているという状況です。

そのノートがあると、上のどの練習も進めやすくなり、何度も眺めているとノートの書かれた状態がそのまま頭の中に定着するようになります。

書かれた英文がすらすら出てくるというのとは少し違って、書かれたノートのページが画像として頭の中に浮かんでくるようになるということです。

そのような右脳とイメージを使っての覚え方は、忘れにくく再生し易いと感じています。

なので、意識を強くして記憶に残し易くするため、蛍光ペンでアンダーラインを引いたり、そこに吹き出しで「要注意!」とか「必須」とか、「○○まで覚える!」とかのコメントを文の横に書いて、目に止まり易くするようにしています。

memory note

まあ、とにかくその1冊をメモリーノートとして仕上げ、いつもそれを持って歩き、ちょっとした時間ができたらすぐに出して眺めるというやり方。

記憶に定着し易くなる「朝」の5分と、日中の隙間時間に複数回、そして風呂あがりの5分(寝る前です)というように、あまり1回のトライには入れ込まずに、できるだけ回数を重ねるようにしています。記憶の定着には回数が大事なので。

このようにして続ければ、必ず何かの効果が出てくるという気がして、少しだけ期待して・・・楽しみながら続けています。
 

◆トップへ戻る
a:315 t:3 y:1

コメント


認証コード6256

コメントは管理者の承認後に表示されます。