英会話力が飛躍的にアップする訓練方法(続編)

 
いつもレッスンの講師が代わったとき、参考にですが
「英語力を伸ばすため、どのように勉強をしたのですか?」
と聞いています。

少し前に、ある講師から、
頭の中で何かを考えるときには、いつも英語で考えるようにしていた!
強い意志で努力して続けて、半ば習慣的にできるようになった!
と返答がありました。

thinking

続けることができればその効果が大きいことは容易に想像できたので、何度目かの正直と考え、再びトライし始めたのでした。

そして約1ヶ月。結果は・・。

やはり・・・・です。そんなに甘くないですね。
結果を書こうとしても、筆がなかなかスムーズに進みません。

続けるのがむずかしい・・!」の一言です!

気持ちが高ぶったときは続けてやるのですが、少し気持ちが低下するととたんに継続がストップという状態です。

やはり何か強烈な目的や目標、あるいは熱望がないとスイッチが入りにくいというのが、その結果です。(想像した通りですね・・)

 
まだ完全にギブアップしたわけではないですが、ここ最近の状況としては、
・ラーメンを食べに行って、注文の品が届くまでの5分間
・病院に行って名前呼ばれるまでの十数分間
を何とか続けているという状況。

つまり、待っているときの時間で、他に何もできないようなときです。
その他ではなかなかできず、気が向いたときにだけ・・。

効果があるとわかっていても、あまり楽しい訓練ではないので、続けることが本当にむずかしく、想像していた通り「自分との戦い」です。

やはりこのようなやり方は、何か効果的なアイデアがないと、むずかしいですね!

そんな状態ではありますが、少しは続けてきたおかげで、
「よーし、やろー!」
となったときは、周囲を見回して状況を観察してから、スラスラと英文でつぶやくことが(描写)できるようになりました。

5つから8つくらいの文はすぐに言えるようになったのですが、一つ難点があって、それは「いつも同じグループの構文で話してしまうこと」です。

なので、それらの文はスラスラと出てくるようになったのですが、他の構文はスラスラというわけにはいきません。

そこが一つの問題であり課題だということがわかりました。
今後、そこのところをどうやっていくのが良いのかと・・現在、思案中です。

また1ヶ月後にその結果を書きたいと思います。
 

a:456 t:4 y:0

コメント


認証コード1251

コメントは管理者の承認後に表示されます。