トップ音読と瞬間頭出しで会話力アップ

音読と瞬間頭出しで会話力アップ

英語が話せるようになるには、シンプルな50個の基本構文をしっかり覚え、
シーンに合わせて単語やフレーズの情報を入れ替えて素早く話す練習が重要
です。

そして音読音読音読・・。

read out

スムーズに話せるようになるためには、もう一つ高めておくべき能力があり
ます。それは「頭出し」です。つまり話そうとする文の「構文の選択」です。

あることを話したいとき、あるいは、ある質問をされてその質問に素早く
答える必要があるとき、「どの構文を使うのか」ですね。

それを瞬間的に選択し主語をつけて、話し始める必要があります。

机の上で、基本文や単語を覚えたり、音読を少しだけ繰り返しても、目に
映ったものをただ読み上げるだけでは、受動的な学習になってしまいます。

ある場面に直面して何かを言おうとするとき、目の前に話そうとする文が
フッと出現するわけではないのです。

自分で言おうとする内容とそれを表わす文を、能動的に素早く組み立てて
話していくことが必要なのです。

日本文を瞬間的に英文に翻訳して話す、瞬間英作文も良い練習なのですが、
できたら英文の質問に対して、素早くオリジナルの英文で答える練習が
望ましいと思っています。

実際の会話では、先に日本文を作りそれを英文に訳して話すわけではない
ので。

言いたいことをイメージしたら、素早く何の構文で話すのかを決めて、
そのまま英語で話し始めるやり方がベターなのです。

一人でやる練習としては、なかなかむずかしいかも知れませんので、
いろんなイラストや写真を用意しておき、その中から一つ選んで見た瞬間、
感じたことを素早く話す・・という練習も良いと思っています。

写真を見た瞬間、感じたことを話すとか、事実を素早く述べるとか、疑問
に思ったことを質問してみるなど。

read novel

 
課題:上の写真を見てすぐに感じたことを話してください。

  ⇒例えば、「あなたは1ヶ月に何冊の小説を読みますか?」
   などのように。

   あるいは、「あなたは今、何を読んでいるのですか?」
   とか、  「この小説は英語で書かれています。」・・・など。

  ★とにかく何か一つ質問をするなどと決めて、練習をするのも
   良いですね!

写真などを使う練習だと、自分の質問に対する返答は当然無いので、自分
で続けてその返答まで行うという練習をしても良いでしょう。

このような練習は一人で行うことができますし、繰返すなら必ず会話力が
上がるはずです。

何事もそうですが、このようなちょっとした学習や練習を、どこまでやり
続けられるのか・・が一番の大事なポイントですね。
 

a:946 t:1 y:1