トップ話せるようになるために > 6話:英語勉強の効果的な‥

第6話:英語勉強の効果的なやり方

中高年になってから英語に取り組み始め、すでに10年をはるかに超える年月となりました。

いろいろトライ&エラーをやってきて、ようやく英語の勉強方法についても、一つの結論に達しました。(これはわたしの場合の結論です)

まずいやり方:

今までを振り返ってまずいやり方だなと思うことが、3つあります。
1) 対象範囲を絞らないでやること
2) 実戦の会話練習をしないこと(いつまでも話せません)
3) 復習をしないこと
です。

特に対象範囲やターゲットを定めずに、ただぼんやりと幅広く学習するやり方が、一番非効率的だと思います。

単に単語を覚えるとかボキャブラリを増やすといって、ひたすら暗記することだけを行うとか、やたら文法だけを勉強するとか・・。

すぐに挫折するのは目に見えています。

良いやり方:

当然、上のまずいやり方の反対となります。会話する、あるいはできるようになることを想定して、英語勉強をやるべきです。

そして学習のターゲットを絞るべき。

例えば、「海外旅行という話題が話せるようになる」とテーマを絞って学習するべきです。そのように定めてやる場合は、まったく学習方法が変わってきます。

より具体的になります。当然、実戦につながるやり方になるはずです。

そしてオンライン英会話をやっているのなら、海外旅行の話題についてフリートークを行い、学習の成果を確認します。

できたものとできなかったもの・・学習の成果並びに、自分の弱い部
分が確認できます。

うまく話せなかった部分には悔しさを感じ、そして次への願望が出てくるので、学習のスタンスも変わってきます。

以上、良いことばかりです。
自分がガラリと変わることができるのではないでしょうか。

まとめると

対象を絞って学習。
そしてオンライン英会話で実戦練習。

結果をレビューし、不足していた部分を再学習。
そして、次のターゲットへ。

同じ学習サイクルを何度も何度も続ける。
どんどんレベルアップしていくサイクルが目に見えるようです。

英語はとても幅広く奥深いです。ですが、目的ではなくてあくまでもコミニュケーションのツールであり手段です。

従ってまずは、
自分の話せるようになりたい分野に絞って学習すること
を強くお薦めします。

そして予習、実戦、復習のサイクルを回す・・のが一番の近道です!

■関連のページ話せるようになるために
・第5話:疲れないやり方で無理なくレベルアップ
・第7話:英語を 話せるようになるケースとならないケース
・第8話:英語が話せる自信はこうやってできた
お薦めの教材(これをやって会話がスムーズに)
 

a:8480 t:5 y:7