スポンサーリンク   トップコラム英語上達の近道「応用力」

第29話:英語上達の近道「応用力」

 英語を話せるようになりたいと考えている人は、自分を含めて誰でも
 より良い学習方法を見つけたいと思っています。

 効率よく学習して、より短期間で上達したいと考えるのは当然のこと
 ですね。

 しかし、あまりにもその対象が広く、そしてあまりにもいろいろな解
 説書が溢れているため、何をどうやったら良いのかと迷ってしまうの
 も事実です。

 長年学習を続けてきて、今では日常会話を不便なく話せるようになっ
 たのですが、まだまだ満足できるレベルではなくて、多くの課題を抱
 えています。

 その中で一番意識していること。
 それは「応用力」です。

 初級、中級、上級と、その技量の違いの多くを占める部分は、
 「応用力」ではないかと考えています。

 「応用力」を伸ばすことができれば、中級、上級へとステップアップ
 していけるとも言えます。

 ・会話力 = 単語/フレーズ +「応用力」

 単語/フレーズは基礎学力であり、自分で少しずつ積み上げていけば
 良いと思います。

 しかし、この「応用力」というものは、どうやったら伸ばすことがで
 きるのでしょうか。はっきりとわかっていなかったので、いつもその
 ことを考えていました。

「応用力」とは何か

 「応用力」はどうやったら伸ばせるのかを考える前に、先に一つ考え
 ておく必要のあるものがあります。

 「応用力」とは何でしょうか?

 わたしの思う「応用力」は、
   「原理原則を身につけて、そこから実際の場面に応じて
    臨機応変に文を構成し、話を展開することのできる力

 一言で言うと、このような内容になりました。

 それではどうしたらこの「応用力」を身につけることができるのでし
 ょうか?

 「英文構造」というものをよく理解し、それに従いながら、
 意味のある最小限のまとまりごとに、その都度まとめながら、
 話せるようになる。''

 もう少し簡単に言うと、
  ・英文構造をよく理解
  ・原理原則に沿って文を組立てる
 ということになります。

 それでは、「英文構造」とは? 「原理原則」とは?

「英文構造」とは

 ここで一つ例を上げてみます。

 --------------------------------------------
  My mother went out for a walk.
 --------------------------------------------
 
 英語の基本文型には、次の5つがあります。

   第1文型 S+V
   第2文型 S+V+C
   第3文型 S+V+O
   第4文型 S+V+O+O
   第5文型 S+V+O+C

 中学校で習いました。

 上の例文はこの中の第1文型になります。
  My mother went ⇒ S+V

  out は「外に」という意味の副詞。

 「私の母は外出した」と読み、第1文型であることを理解します。 
 そして for a walk で外出の目的が「散歩に」ということであること
 がわかります。

 for a walk「散歩に」は、動詞の went out を修飾するので、副詞句
 になります。

 --------------------------------------------
  My mother went outfor a walk.

  私の母は外出した   → 散歩に
 --------------------------------------------

 まず S+V を言って、そのあとで副詞句を言っています。

 ここで「英文構造」のことですが、上の5文型のどれもが、まずは
 S+V を言っています。そしてそのあとに、いろいろなものを並べて
 いくようになっています。

 ⇒まず S+V 、そのあとに副詞句をいくつも並べる

 この文構成の考え方が、重要な「原理原則」の部分になります。

 ⇒まず My mother went out

 ここまでを区切って捉えるようにすることがとても大事。

 そして、そのあと
  to a concert  (副詞句)
 または、
  to see a movie (副詞用法の不定詞)
 などを付けて、
 自由自在に応用することができるようになります。

 このようにS+Vの部分と、その後の副詞句などを切り離すこと、
 動詞とそのあとの副詞句は別の語句であると区別をすることが、
 とても重要なポイントであり上達の近道となるのです。

具体的な例

 「週末は映画を見に行きたい」と言おうとするときは、

 まずS+Vを、サッと言う ⇒ I would like to go

 そして副詞句(映画を見に)⇒ to see a movie

 さらに副詞句を(週末は) ⇒ on the weekend.

 まずS+Vを話して(一区切り)
 次々と必要な語句を付け加えていくという発想。

 ワンフレーズごと考えてまとめながら、言い足して行きます。

 一度に整った文になるのではありません。
 当然、最後まで文を作ってから話すのでもありません。

本当に重要なこと

 ここで絶対に守るべきであることは、

 最初のS+Vを言ったあと、どんなに時間がかかっても、
 暗記ではなく、自分の頭で次の語句を考える
  
 ・・ということです。

 「つなげる」「組み合わせる」「言い換える」という応用力を
 養うために。

 ■関連記事です 
   ⇒ 英語の語順で文を作るというやり方
   ⇒ 英語の語順で理解できるようになるには
   ⇒ 英語の語順で会話し基本文暗記
   ⇒ 英語の語順で処理して会話力が大幅アップ
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:4545 t:2 y:2