スポンサーリンク  トップシンプル・スピーキング > 英語を‥「短い文に分ける」

英語を簡単に話すコツ「短い文に分ける」

 一般に日本人は英語が下手だと言われますが、その一番の原因は日本人
 の真面目で真摯な性格にあるのではないかと考えています。

 つまり、英語を真面目に取り組んでむずかしく考えるあまり、普通の
 英語ではやらないような間違いをしたり、わかりにくい表現にしてし
 まったりなどして、失敗をしているように思うのです。

 むずかしい文を考えて苦労ばかりしてしまうため、逆に話すのが苦手
 となっているように感じます。

 例えば、相手に何かを話そうとするときに、日本語で考えてみると
 やたらに長い文になることがあります。

 そんなときに、日本語にあたる英語がなかなか思い浮かばなくて、
 あれこれ悩んだり、頭が真っ白になったりするようなことは、誰でも
 経験しているのはないでしょうか。

 多くの人は、慌てたり四苦八苦したりして、結局、話すのをあきらめ
 てしまいがちになります。

 その苦しさによって、わたしは英語がダメなんだと、コンプレックス
 が少しずつ形成されていく人もおられるでしょう。

簡単に話すやり方

 こんなときは、日本文のまま長い文章で話そうとするのではなく、
 思い切っていくつかの短いセンテンスに分けて話すようにするのが、
 簡単に話すためのコツになります。

 文の構成がわかりにくい、むずかしい表現の長い文は、当分の間は
 手を出さないように心掛け、シンプルで短い文を並べて話すという
 ことに集中することが大事だと思います。

 一つ例を上げてみましょう。
 「彼女は愚かにも彼を信じた」という文があるとします。

 あなたは英語でどう表現するでしょうか?

 学校で習った構文を思い出して、まずは、例文をちょっとひねって、
 「彼女は彼を信じてしまうほど、愚かだった」
 というように直すかもしれません。

 そして、「~ するほど … だ」に相当するのは、「… enough to ~」
 だからと、次のような文になったりします。

 She was foolish enough to believe him.

 確かに、これは正しい英語です。
 学校の英作文のテストで出された問題なら、「正解」となる回答だと
 思います。

 しかし、普通の会話の場合だと、こんな持ってまわったような言い方
 はしません。もっと会話に合ったわかりやすい表現があるのです。

 わざわざ enough to などという慣用的な熟語を使わなくても、いくら
 でも他の表現で言い換えることができるのです。

「分解」という方法

 そのやり方が「分解」という方法です。

 つまり、いくつかの要素が組み合わさってできた文章を、要素別に
 分解して表現できないかと考えてみるわけですね。

 このように考えると、もとの例文は
 「彼女は愚かだ。彼女は彼を信じてしまった。」
 と二つの文に分解することができます。

 そしてそれをそのまま英文にしてしまうわけです。

 She was a fool. She believed him.

 一見、稚拙な表現の文が並んでるように見えますが、決してそのよう
 なことはありません。

 「彼女は愚かだ。彼を信じたのだから。」
 と言っているのですから。

 先の「enough to ~」を使った英文と、内容的には何も変わるところ
 がありません。

 日本語で一つの文だからと、何も英語まで長い一文のままで、表現し
 なければならないと考える必要はないのです。

 短い複数の文に分けて、しかも的確に表現できるのであれば、それは
 それで良い結果を生むことになるでしょう。

 もう一つ、わかりにくい表現の例です。
 「計らずも大金が手に入りました」という文。

 「計らずも」という表現は、どう言えば良いでしょうか?
 「大金」という名詞はありますか?

 この文についても、2つの要素で分けて考えれば良いですね。
 ・たくさんのお金を手に入れた。
 ・期待をしていなかった。
 ということで、

 ・I got a lot of money.
 ・I didn't expect it.

 という2つの文で、うまく意味を表わせています。
 とても簡単ですよね!

むずかしく話すクセ

 学校でむずかしい言い回しを覚えてきた人は、とかくそれらに縛られ
 ていて、さしてむずかしくない内容でも、むずかしい言い回しを使っ
 てしまうことが多いのです。

 そして泥沼にはまってしまうのですね。

 一度はまってパニックになってしまうと、そこからなかなか抜け出せ
 ないのが、「言葉の恐ろしさ」なのですね。

 ネイティブの人たちだって、普段は短いセンテンスで話しているのです。
 英米人が使う生の英語は、もっとシンプルで簡単なのです。

 以前の海外での経験ですが、シンプルなカタコト英語の方が、格調高
 い英語を話す人のものよりも、はるかによく通じたということを何度
 も見たことがあります。

 むずかしい表現の長い日本語文を、そのまま英語にしようとしてしま
 う人は、
 「すぐに文の要素を読み取り、それぞれを分解して表現する
 ということを、何度も練習してみましょう。

 必ずや、英語の「説明力(=会話力)」がアップするはずです!

 ■関連する記事:シンプル・スピーキング
  ・シンプルに話すと英語は簡単になる
  ・シンプルスピーキングの具体的やり方
  ・やさしく話すコツ「分解の手法」

スポンサーリンク


a:2328 t:4 y:0