トップ基本文と会話例英文作成:早見表

英文作成:早見表

 前ページの「 スピーキングの練習方法 」では、英文を作るときのや
 り方を説明しました。

 ①文型   (=文頭、主語)
 ②フレーズ (動詞+名詞、動詞+形容詞)
 ③補足語  (時、場所、副詞)

 主語、動詞+名詞、補足語の順に作文していく・・・と。

 実際の会話では、その流れから主語の前には「接続詞」や「副詞」な
 どがくる場合も多々あります。

 それら作文する際の各要素を、毎回頭の中で考えながら作っていくの
 では、長い時間がかかります。

 もっと作文作業を短時間でスムーズに行うために、何か良い方法はな
 いかと考え、作文の各要素を早見表に整理して、それを見ながら作文
 練習をしようという結論に達しました。

 完成した早見表は次の通りです。

 英文作成:早見表 s
 
 英文作成:早見表

 英文作成:早見表


Jpeg:    Pdf: 

 まだまだ完全ではありませんが、この一覧を左から右へ順に見ながら、
 文を作っていくことができます。

 接続詞や副詞、形容詞などは、日常会話で使うある程度のものが入っ
 ています。しかし、動詞+名詞(目的語)などのフレーズの部分は、
 ほんの一部分になっています。

 それについては、各自が言いたいことをフレーズにして、入れ込んで
 いただけば良いと思います。

 一覧表にまとめ活用するという考え方をご理解いただき、参考にして
 いただけるとうれしいです。

 >ブログに戻る:英会話応用力を伸ばすためのやり方について(続編)

◆人気記事:ベスト
  ・よく使う接続詞   (人気No.1の記事。シンプルに話すために必須です)
  ・1分間スピーチ   (ふるさと、自己紹介、食べ物、健康、コーヒー‥)
  ・決まり文句 必須40  (スムーズに会話するには決まり文句が重要な役割)
  ・よく使う文型    (話せるようになるためにはベースになる文が必要)

a:43569 t:9 y:49