トップシンプル・スピーキング英会話|シンプルスピーキングで楽しんだ16年

英会話|シンプルスピーキングで楽しんだ16年

中高年になってから英語学習を再開し、話せるようになって16年。
ずっとシンプルな英語で話すことにこだわってきました。

英語を話す目的は、ビジネスや公的な場で使うことではなく、海外の街の人たちや友だちと楽しく日常会話をすること。

talking

これまでシンプル英会話を続けてきて、一度もシンプル文によって困ったことはありませんでした。無理に、長い拡張の高い文で話す必要はまったくなかったということです。

シンプルな話し方で十分だったのでした。

そして長い期間、海外の友人たちと会話をしてきた中で、わかったことがあります。

それは、ネイティブの人たちも、日常会話では
みなシンプルな文でやり取りしている
ということでした。

英語学習を再開した頃は、中学英語は稚拙な英語なので、もっとレベルの高い英語を話さないと通用しないとか、程度が低いなどと軽んじられてしまうのではと、変な心配をして進むべき方向が定まらない状態が続いていました。

しかし、それはまったく自分一人の勘違いで、決してそうではないということがわかり、とても気分が楽になったのを覚えています。
 

 

シンプル・スピーキングで話す姿勢が変わった

むずかしいことを考えずに話すことができるようになったので、詰まることも少なくなり、会話のリズムも良くなりました

短い文なのでイントネーションや強調すべき部分もはっきりしています。シラブルを少しだけ意識して、しっかりと声を出して話すだけでかなり通じるんですね。

speaking

はじめは文法的に正しいと思えないと話し出せなかったのですが、途中からは間違っても気にしないというスタンスに切り替えてからは、本当の意味で英語が楽しく話せるようになっていったと思っています。

間違いを怖がらず、大きい声ではっきりゆっくり話すようにすると、意外に通じるのだということを実感しました。

短い文ではっきりと言うのですから、逆に相手も理解し易くて、言いたいことがきちんと伝わっているようでした。

会話には話の流れがあるので、ときには文法的に間違った英文であっても意味が通じたりもします。また、疑問が起こるレベルの間違いの場合は、すぐに相手から確認のための質問が返ってきます。

シンプルな英文は、間違いが少なくて通じ易いということ、そして少しくらい文法が間違っても、楽しい会話には支障にはならないということがわかり、どんどん英語で話すことに抵抗がなくなっていったのでした。

そのような気持ちで話せるようになってからです。冗談を言ったり、ユーモアを利かせた話をしたり、相手のおかしな話で大笑いしたり・・など。海外の友人との会話が、とても楽しくできるようになりました。

シンプル・スピーキングは、自分にとって、楽しく話せるようになるためのスイッチONの役目を果たしてくれたのです。


a:697 t:1 y:0