スポンサーリンク   トップ中学英語を復習良く使うveryのバリエーション

良く使うveryのバリエーション

 veryreally、そして pretty などは、「とても~」という意味で
 形容詞の前につける副詞です。

 しかし形容詞を修飾してその強さを表現する副詞には、「とても」だ
 けではなく「ものすごく」とか「わりと」など、もっといろいろなレ
 ベルを表す語があります。

 少し調べて整理してみると、自分の思っていたのと少し違っていると
 ころがありましたので、今後の復習のために記事にしておくことにし
 ました。

 こんなにいろいろなレベルがあるのかとか、少しニュアンスが違った
 なとか、参考にしていただけるとうれしいです。

「とても」のレベルの違い

 very「とても」の強弱をパーセンテージで表現し、比較してみます。

 「今日は暑い」の文に very をつけると「今日はとても暑い」になり
 ますが、この「暑い」を 50% とし、very をつけた「とても暑い」の
 文を 70% として、他の副詞がどのレベルとなるのか並べてみました。

 100%・so      It's so hot.       超暑い。

 ↑  ・extremely すこぶる

 ↑  ・incredibly  ものすごく

 ↑  ・really    本当に

 70% ・very    It's very hot today.   とても暑い。

 ↑  ・pretty

 50%         It's hot today.      暑い。

 ↑  ・rather   いくぶん

 40% ・ quite     It's quite hot today.   わりと暑い。

 ↑  ・fairly    まあまあ

 ↑  ・a bit     わずかに

 25% ・a little    It's a little hot today. 少し暑い。

 ↑  ・not very   とてもではないが

 10% ・little     It's little hot today.  ほとんど暑くない。

  0%

ワンポイント

 so のあとはには形容詞だけ!
 形容詞のあとには名詞がきませんので、注意しましょう。

 ・He is a very gentle man!
  彼はとても優しい男性です。
     ↓
 ・He is so gentle!
  彼は超優しい。

 補足:
 ここでは便宜上「超」→「すこぶる」→「ものすごく」→「本当に」
 という順に表現をしました。

 ですが、日本語の「超」や「すこぶる」、「ものすごく」にどれだけ
 のレベルの違いがあるのかは、よくわかりません。

 そのため、日本語の表現と英単語の間には多少のズレがあるかも知れ
 ませんので、その点ご容赦ください。

スポンサーリンク


a:8799 t:1 y:14