トップ話せるようになる簡単スピーキングのコツ

簡単スピーキングのコツ

少し前の記事で、英語をやさしく話すコツとして「分解の手法」を、説明しました。長い1文を複数の簡単な文に分解して、シンプルにスピーキングをしようというものです。

また、日本語が1文だからといって、英語まで関係代名詞を使って1文にする必要はないということも書きました。

このように、英語をできるだけやさしく簡単に話すためには、いくつかのコツやポイントがあります。

今後しばらく、この「簡単に」「スピーキング」するためのやり方について、考えてみたいと思います。

簡単スピーキングのコツ

0)簡単スピーキングのコツ
1)接続のための「but」は省略できる
2)結論から話すと英語は簡単になる
3)短めの文でわかり易く歯切れよく話す
4)話し方を変えて簡単に話すやり方
5)主語を置き換えて簡単に話す
6)It や There を使って簡単に話す
7)It を使って簡単に時間のことを話す
8)存在を言うときはThereで簡単に話す
9)ムダな言葉を省いて簡単に話す
10)ムダを取って簡単に話す2
11)英文をスムーズに作るコツ「主語は何か」
12)能動態でシンプルに話す


a:7599 t:3 y:1