トップ病院に行くは入院すること?

病院に行くは入院すること?

 ある人が言った日本文を、そのまま直訳すると誤解されるような結果
 になってしまう文がときどきあります。

 今回はコーヒーブレークということで、そのようなケースの一つにつ
 いてご紹介します。

病院に行く

 家族や友人が、話相手の体調が少しでもすぐれないことをきいたりす
 ると、「病院に行ったら」と声をかけることは何も珍しいことではあ
 りません。

 それだけ「病院に行く」という言い方は、日本語の中ではごく普通の
 定着している表現になります。

 また個人の「医院」に行くも「総合病院」に行くのも、「病院に行く」
 という言い方をして、特に問題にはなりません。

 ですが、「病院に行く」をストレートに英訳して、
 ・You had better go to the hospital.

 と英語のネイティブスピーカーに話かけた場合、ちょっとした顔をさ
 れることになるでしょう。

 「病院に行った方がいいよ
 と言ったつもりでも、
 「入院した方がいいよ
 という意味に解釈されてしまうからです。

 

使うべき表現

 こういう場合は、
 ・go to the hospital ではなく、
 go to see the doctor(診察を受ける)
 という表現を使うべきなのです。

 また、診療を受ける程度の意味合いを出したい場合は、hospitalとい
 う言葉は避けた方が良いですね。

 アメリカなどでは、最初に診療を受けるところは入院施設のない
 「physician's office」や「clinic」だからです。

 入院施設がある hospital には、その physician's officeclinic
 に紹介されてから通うというのが一般的なのです。

 だから、いきなり hospital と聞くと、ギョッとしてしまうのも無理
 はないのです。

 こういうことは、先に聞いておかないと間違えてしまうことになる例
 かも知れませんね!
 

a:2401 t:1 y:0