トップ現在形と進行形の使い分けについて

現在形と進行形の使い分けについて

何かを言おうとするときに、現在形で言うべきか、それとも進行形で言うべきかと迷うときがあります。今回はその辺のことについて整理してみました。

最初に質問です。

「ジェーンは薬指にダイヤモンドの指輪をしている。」
というときには、どちらの表現を使うでしょうか?

現在形? それとも 現在進行形?
      ・
      ・
diamond ring

Jayne wears a diamond ring on her ring finger.

でしょうか? それとも、

Jayne is wearing a diamond ring on her ring finger.

でしょうか?
      ・
      ・

これは、①が正解となります。

指輪のようにいつもはめているものに関しては、「今している」という状態を表すときにも、

Jayne wears a diamond ring on her ring finger.
彼女は薬指にダイヤモンドの指輪をしている。

というように、現在形を使うほうが普通なのです。

Jayne is wearing a diamond ring on her ring finger.

としてもいいのですが、この場合は「今、指輪をはめようとしている」という動作を表す感じが強くなるんですね。

一般的には、現在形はある一定の期間にわたる状態のときに使い、進行形のほうは一時的な状態を言うときに使うのが原則なのです。

 

もう一つの例

あなたはどのようにして暮らしているのですか?
How do you live ?

と聞かれて、

「私は年金をもらっています」と答えるようなときも、
一時的という意識が強ければ、

I'm receiving a pension.
と答えます。

しかし、

I receive a pension.
というようにも、もちろん言うことができます。

また、
「トラブってしまってね」と言うようなときは、
今一時的にトラブっているという意識が強いですから、

I'm having trouble.
が一番しっくりきます。

ただし、このようなとき以外には、have はあまり進行形では使いません。

ちなみに、
「あなたは手に何をもってるのですか?」と聞くときは、
What do you have in your hand?
となり、
are having とはなりませんのでご注意を。

see の場合もあまり進行形では使いませんが、「いま誰かと付き合ってるの?」と聞くようなときは、

Are you seeing someone ?
と進行形を使います。

内容的に一時的な意識が強いからですね。

進行とは終わっていないこと

最後ですが、次の2つの文の使い分けはわかるでしょうか?

My father always watches television.
私の父はいつもテレビを見ている。

You are always watching television.
あなたはいつもテレビばっかり見ているね。

同じ「見ている」でも、上の現在形の文は「父はいつでもテレビを見ている」という、かなり長い期問の習慣的状態のことを言っています。

しかし、下の進行形の文では、話し手の意識として、「あなたはいつもテレビばっかり見ている」という現時点で進行中の状態に最も主眼が置かれているわけです。だからこそ進行形を使うのです。

You are always complaining.
あなたはいつも文句ばっかり言っている。
も同じですね。

進行形は、
①その時点(付近)のことだけを問題にする。
②そこで言及されている行為や動作は、その時点では終わっていない。

この2つの原則をしっかり覚えておくことが大事ですね!

前:be going toとwillの違いを理解し正しい未来を
    >次:未来を表す進行形が使えないケ-ス
 

a:251 t:2 y:2