トップ日常会話でよく使う説明文100と質問文100 (3)

日常会話でよく使う説明文100と質問文100 (3)

今回も日常英会話でとてもよく使っている基本文を、20文、ピックアップしました。自分などの説明文(平叙文)と、相手に対する質問文(疑問文)をそれぞれ10文ずつ。

今回は3回目なので60文を選び出したことになります。
すべて実際に使ったことのある実用的な文なので、すぐにそのまま使えるのですが、あくまでも基本文の1例なので、単語を入れ替えて繰り返し練習してください。。

頭の中にそのときの場面を描きながら、イメージトレーニングすると、とても効果的。これらの文をきちんと使えるように練習していけば、最短で日常会話を英語で話せるようになりますよ。

 

自分説明文(肯定文)

海外で日常会話を話したり、海外の友人といろいろな会話をすることを前提として、その中で特に実用的(実際に何度も使ったもの)なものを選び出しています。

青色のついた部分が重要な構文を表しています。

日本で友人とその文を使って話す場面を想像してみてください。そして、友人や店のスタッフなどとの会話でそのようなシーンがよくあるのかを考えてみてください。

すると、その文を選んだ理由が、何となくわかってもらえるのではないでしょうか。

confused

01) I'm confused.
  私は混乱している。

02) I'm afraid this shirt is a little tight.
  残念ですが、このシャツは少しきついです。

03) I have a headache.
  私は頭が痛い。

04) I can't find the ticket counter.
  チケットカウンターが見つかりません。
 (チケットカウンターを見つけることができません)

05) He is having lunch with me.
  彼は昼食を私と一緒に食べています。

06) Your ticket is expired.
  あなたのチケットは期限切れです。

07) Here's my credit card.
  はいどーぞ、私のクレジットカードです。

08) There are many buildings in this area.
  このエリアにはたくさんのビルがあります。

09) You should try that restaurant.
  あなたはそのレストランを試してみるべきです。

10) We don't have to hold a meeting.
  私たちは会議を開く必要がありません。
 

 

質問文(疑問文)

いつも、できるだけシンプルな文で、素早く話せるようにしたいと考えています。そういう意味では、「主語+動詞」の文が一番シンプルなのですが、それに加えて不定詞や動名詞を連結して使えるようにしておく必要があります。

いかにシンプルな文といっても、不定詞や動名詞は言いたいことを表す上で、絶対に必要になるからです。

また、「Can I ~」の構文ですが、どこか別の場所へ行ったときなど、いろんなところで「~していいですか?、~できますか?」と確認することが多く、本当によく使ったものです。

drink

01) Do you want something to drink?
  何か飲み物が欲しいですか?(不定詞)

02) Do you know how to make pizza?
  ピザの作り方を知っていますか?(how to)

03) Don't you like coffee?
  コーヒーが好きではないのですか?(否定疑問文)

04) Can I use the bathroom?
  トイレを使っていいですか?

05) May I take a picture?
  写真を撮ってもらえるでしょうか?

06) May I have your name, please?
  電話番号を教えてもらえるでしょうか?

07) Would you like a cup of coffee?
  コーヒー1杯、いかがですか?

08) Would you like to eat out tonight?
  今晩、外食しませんか?

09) Could you change this into smaller bills?
  これを小額紙幣に交換していただけませんか?

10) Could you please give me a discount?
  まけてもらえないでしょうか?

次:日常会話でよく使う説明文100と質問文100 (4)
前:日常会話でよく使う説明文100と質問文100 (2)


a:844 t:1 y:3