トップコラム忘却に勝つための単語記憶法

第18話:忘却に勝つための単語記憶法

 誰でも知っているように、英単語力はリスニングに直結します。
 もちろんスピーキングにもボキャブラリが大いに関係します。

 なので、英語勉強を続けている人は誰でも
 「もっと英単語を覚えないと!」
 と思っているのではないでしょうか。

 でも、1語ずつ暗記しようとしてもなかなかうまくいきません。
 1~2度、普通に暗記したのでは、それこそあっという間に忘れてし
 まいます。

 自慢ではありませんが、年を重ねる度にこの忘れる力(?)が益々強力
 になってきているのを感じます。嫌なこともすぐに忘れてしまうので、
 健康上ではとても良いのですが・・。

 話が脱線してしまいましたが、要は多くの英単語を覚えるにはそれな
 りのコツが必要だということです。

 「知らない単語を書き出す」「単語帳を作る」といった普通の方法で
 は、余程復習を繰り返さないと、定着しないのです。

 「一度覚えてもすぐに忘れてしまうから・・」と悩んでいるのでは?

 「効率よく覚えるにはどうやったらいいのでしょうか?」
 「覚えやすく忘れにくいやり方というのはあるのでしょうか?」

 

覚えやすく忘れにくい記憶方法

 ベストであるとは思っていませんが、今までいろいろやってきた中で、
 これはと思っている方法を3つご紹介します。

 一つは簡単でオーソドックスな方法、「メモ繰り返し 確認法」。
 あとの二つは、自分では事前段取りが少し大変ですが、かなり覚え易
 いと思っている方法で、「語呂合わせ 記憶法」と
 「イメージ・グループ 暗記法」です。

 1) メモ繰り返し 確認法
 2) 語呂合わせ 記憶法
 3) イメージ・グループ 暗記法

 かっこ良く言っていますが、自分が考え出したオリジナルの方法とい
 うわけではなく、いろいろな人が同じような方法について紹介してい
 ると思います。

 わたしはそれらを実践するに当たり、そこに示されたデータをそのま
 ま使わずに、すべて自分で1から作ってやったということです。

 そのデータを考えたり、作ることも覚える作業の一つだと考えていた
 からです。

 1) オーソドックスな方法 ⇒「メモ繰り返し確認法
 2) 強力に記憶できます  ⇒「語呂合わせ記憶法
 3) スムーズな流れで記憶 ⇒「イメージ・グループ暗記法

 ・第16話:一人でできる英会話練習「ランダム再生」
 ・第17話:効率良い勉強法で忘却との戦いに勝つ
 ・第19話:どのくらいの英単語を覚えれば良いのか
 ・第20話:英語の習得には時間が鍵となる
 

a:4517 t:2 y:1