スポンサーリンク   トップコラム基本文を効率良く覚えるやり方

英文を効率良く覚えるためのコツ

基本文を覚えるとき:

英文には長い文、短い文があります。
わたしは日常英会話にフォーカスしているので、あまりにも長いよ
うな文が使われることはほとんどありません。

conversation

そして日常よく使うそれらの文は、少し長く見えても良く見ると、
短い「基本文」とその「補足表現」の集まったものになっています。

ある「基本文」を覚えようとするときに、「補足表現」を含めた全
文を一緒に覚えようとするやり方は、とても効率が悪く、応用しに
くいやり方だと考えています。

それではどうやれば良いのかというと、

1) 基本のシンプルな部分のみ覚える (全文は覚えない)
2) 補足表現はあと付けとする

補足表現は別のものとして覚え、いつでも基本文に必要なものを、
一瞬で選び、付け加えられうよう練習するのです。

例を上げてみます。
【例文1】
例えば入国審査のときによく聞かれる文は次の文ですが、

・What's the purpose of your visit ?
 訪問の目的は何ですか?

この文は、シンプルな「What is this?」(これは何ですか?) の
文型と同じです。

What's the purposeWhat is the purpose ?

それに補足の表現「of your vist」(あなたの訪問の)が追加され
ただけです。

従って、「What's the purpose?of your visit」の文だと考え
ることができます。

①まず「What is the purpose」のシンプルな文を考える
②話ながら「of your visit?」の補足表現を付け足す

③必要であれば、更に別の補足表現を付け足す

   例えば「this time(今回)」を付け加えると、
   What's the purpose / of your visit / this time ?
   となります。

【例文2】
もう一つの例です。

・Is it possible to wait for me at the ticket gate ?
 改札口でわたしを待つことはできますか?

この文は「It is possible」という文が基本文です。

それに「to wait」さらに「for me」を付け加え、
さらに場所の捕捉表現「at the ticket gate」を付け加えた文と考
えます。

まず It is possibleIs it possible ?

次に to wait for me   (不定詞:~すること)

更に at the ticket gate (場 所:~で)

という補足表現を追加していっているのです。
 
わたしはいつもこのような頭の使い方をしながら、英文を作り会話
をするようにしています。

基本文」と「補足表現」とは分けて覚えています。

 ■いつもは、基本文のシンプルな部分のみ覚えれば良い
   ⇒覚える部分は少なくて済む

 ■補足表現は、別のところで覚えておき、スッと出てくるように
  練習しておく

前:簡単でシンプルに話すコツ<  >次:英文作りながら話すコツ
前:詳細メニュー
 
スポンサーリンク

 

◆トップへ戻る
a:6987 t:1 y:13