スポンサーリンク   トップいま英語に思うこと > 今までの中で一番効率の‥

今までの中で一番効率の良かった勉強法

 英語学習を再開してからもうすぐ15年になりますが、今までやって
 きた英語学習方法の中で、英語力を効率良く高めていくためには、
 どんなやり方が一番良かったのか・・・について考えています。

 単語やフレーズ、そして基本文をそのときどきに、いろいろなやり方
 で勉強してきたのですが、何が一番大事だったのかと自分において考
 えてみると、ちょっとした一つの結論があります。

 自分の体験を通して感じていることで、聞いてみると「なーんだ!」
 となる、しごく当たり前のことです。ですが、とても大事なことだと
 思っています。

 それは何か。
  「ムダにしない!」ということ。

  ・自分の学習したことを、確実にものにしていくこと。
  ・自分の学習したことを、いつでもすぐに確認できるようにすること。
  ・それらを確実にものにできるような「手段」を見つけること。
 です。

 当たり前のことと言えば当たり前のことなんです。
  「学習したことをきっちりものにする

 このことを強く意識する前は、
  あるときは単語を学習し、どこかで続かなくなってしまい、
  また、あるときは基本文を学習し、やはりどこかで続かなくなって、
  また別のことを始めたり、しばらく学習をストップしてしまったり・・。

 英語学習と言うのはあまりにも学ぶことが多くて、簡単にはゴールに
 到達できません。というよりも、近づくことさえできません。

 学習しているときに、何か同時に楽しさという
  「自分にとって心地良いもの
 がなければ、単にインプットだけを繰り返す学習は、必ずあるさほど
 長くないタイミングに、挫折の瞬間が来てしまいます。

 余程切羽詰まった強い要求と、強固な継続のための意思がない限り。

 そして、そこまで勉強したことがどの程度身についているかというと、
 ほとんど身についていないという結果でした。

 やったことがきちんと記録されていれば、いつかまた復習をすること
 ができるのですが、見たり聞いたりしただけのものはあとに残ってい
 ません。

 また、これはと思って買った英語本でも、見ていろいろとやったこと
 は、いいとこ10%程度やって終るケースが多かったです。

 あとで見直そうとしても、いろんな本が山積みとなっていて、前にや
 ったところを復習しようとしても、その中から一瞬で出すというのも
 むずかしく、何か改めての動機がなければ手も延びなくなってしまい
 ます。

 まあ、そういった状態に簡単になってしまうし、そのことの繰り返し
 だったといっても過言ではないですね。

 そういうことを繰り返さないために、何が大事か・・ということです。

 わたしにおいての結論は、
 ①学習するときは、必ずノートに手書きする
   ⇒書く作業そのものが、記憶作業になっている。
   ⇒どこでも持って歩けて、すぐに開いて復習ができる。

 ②これはと思うものは、ICレコーダーにも吹き込む
   ⇒人ごみの中など、どこでも聞いて繰り返し復習ができる。


     IC Recorder

SONY ステレオICレコーダー UX523 4GB シルバー ICD-UX523/S

     音声認識を使ってテキストを自動生成させているので、少し
     レベルの高いタイプを買いました。音声がとてもクリアなの
     で、変換もスムーズにできています。

 最近は、ICレコーダーは小さくてとても安く購入することができます。
 ボタン一つで録音できるし、何度も再生できます。

 今では手書きノートとICレコーダーは、絶対に手放せないツールとな
 ってしまいました。

 ■続編です
  ・一番効率の良かった勉強法(その2)

スポンサーリンク


a:4333 t:2 y:3