トップアメリカ文化と習慣を知る > 第02話:上手な相づちで‥

第02話:上手な相づちで楽しく会話

 英語で話をしているときに、意外にむずかしいのが相槌です。
 日本語だけでなく英語の場合でも相槌を入れると、同じように会話の
 リズムが良くなります。

 相づち

 もっとも簡単な相槌が Uh-huh.(うんうん)
 これを用いるだけで、ずいぶんと会話がスムーズに聞こえるようにな
 ると思います。

 アイコンタクトを交えながら行えば、なお一層良いですね。

 さらに、
  I see.    (なるほどね)
 や、
  That's right.(そのとおり)、
  Sure.    (全く)、
 などと入れるのが良いですね。

 多少を疑いを示しながらも相槌をうまく行うようにするには、
  Is that so ? (そうですか?)
 や、
  Really ?   (本当 ?)、
  Is that true ? (本当ですか?)
 などを使うようにしています。

 これらの相づちを使うときに注意するのは、語尾を上げることです。

 また、はっきりしないときの同意としては、
  Maybe. (多分ね)
  Perhaps.(おそらくね)
 などを使ってます。

 感情表現がうまいアメリカ人は、驚きの言葉も効果的に使っています。
 例えば、信じられないことをいわれた場合は、
  You don't say so !(まさか!)
 などと。

 日本人の場合は「嘘でしょう !」と言ったりしますが、それをそのまま
 英語にしてしまうと、相手をうそつき呼ばわりしたことになり、喧嘩
 になりかねないので注意が必要です。

 こういう場合には、
  No kidding !(冗談でしょう ?)
 を用いるのが良いですね。

 会話を盛り上げる潤滑油となる相づちは、まだまだたくさんあります。
 普段よく使うものを次のページにまとめていますので、よろしければ
 ご覧ください。
    >>> よく使う相づち 28

 アメリカ文化と習慣を知る
  ・01話:あいさつのマナー
  ・02話:pleaseで温かい人柄になる
  ・04話:brunchやpower lunch知ってますか?
 

a:2336 t:2 y:0