スポンサーリンク   トップいま英語に思うこと > 一番効率の良かった勉強法‥

一番効率の良かった勉強法(その2)

 前回の記事には、今までの中で一番効率の良かった勉強法として、
 ノートを使う方法とICレコーダーを使う方法を紹介しました。

 ノートを使う方法は誰でも良く知っている方法だと思うので、解説は
 割愛しますが、ICレコーダーを使う方法については少し説明をしてお
 こうと思います。

 ICレコーダーをよく使うようになり、そして手放せなくなったのは、
 以前に、ある一つのいきさつがあったからでした。

この方法に至ったきっかけ

 ずい分前のことになりますが、ある事情で一級建築士の試験を受けな
 ければならなくなったときのことです。

 その頃は東京都内の勤務で埼玉から通っていましたので、通勤にとて
 も長い時間がかかっていました。

 結構合格率が低くてむずかしい試験だったので、仕事を終えたあとは
 毎晩講習を受けに行き、家に帰るのは夜10時30分過ぎでした。

 日曜は朝から昼過ぎまで講習を受け、その週のまとめの試験があると
 いう状態で、唯一、土曜日だけが自分の思うように時間を使える日で
 した。

 そのような状態だっため、家ではなかなかまとまった学習時間が取れ
 ず、最初はどうやったらいいのかと悩んでいたものです。

 あるときいろいろと考えていて、ふと思いついたことがありました。
 「通勤時間に勉強しよう」と。

 長い長い通勤時間を利用するしかない・・と、苦肉の策として考えつ
 いたのが、ICレコーダーを使う方法でした。

 家のわずかな時間のときに、覚えるべき内容や練習問題を全て読み上
 げて録音しておき、通勤途上でひたすら聞き続けて覚えるというもの
 でした。

 駅まで歩いているとき、電車を待っているとき、そして乗っていると
 きに。

 そしてまさにそのおかげと思っていますが、試験は一発で通ることが
 できたのです。

今も継続中

 いままでいろいろな試験を受けるため、いろいろな勉強方法をトライ
 してきました。しかしいつもどこかで不十分と感じる部分があって、
 そのときどきにより移り変わりました。

 しかしこのノートに書き出して、そしてそれをICレコーダーに吹き込
 んで覚えていく方法は、シンプルなやり方なので自分に合っているせ
 いか、その後も長~く続いています。

 複雑な道具は使いませんので、誰でもすぐにトライできるやり方だと
 思っています。よろしければ一度試されてみては・・。

 ■関連ページいま英語に思うこと
   ・弱い部分を意識して学習し会話力アップ
   ・今までの中で一番効率の良かった勉強法
   ・効率良く復習するための方法
   ・スムーズな会話のためのキーセンテンス

スポンサーリンク


a:3227 t:1 y:5