トップコラム > 第15話:一人でできる英会話練習‥

第15話:一人でできる英会話練習のアイデア

 英会話の練習は相手がいてできるものですが、英会話学校へも行けな
 いし、オンライン英会話もちょっと・・、あと少し実力がついたなら
 ・・という人も多いのではないでしょうか。

 また、そのあと少し実力を・・という部分は、なかなか一人でアップ
 させるのがむずかしいのではないでしょうか。普通で考えると。

 しかし、一人でできる英会話練習もあるのです。結局、工夫次第なの
 ですね。

 今までわたしがやってきた「一人英会話練習」のやり方には、2つあ
 ります。

 1)単語メモカード方式
 2)ランダム再生方式

 です。

 何か良くわからないと思いますが、今回はまず1)のやり方について、
 ご紹介させていただきます。

単語メモカード方式

 とてもシンプルで簡単です。
 皆さんは英単語などを暗記しようとするとき、下の写真のような単語
 カードを使ったと思います。

 このやり方は、次の通りです。

 準備:
 ・表側 に、「質問文」や「指示文」を英語で書いておきます。
 ・裏側 には、その「返答文」や「説明文」の例文を書いておきます。

 最初の頃は、まずは50枚くらい作ってやってみると良いでしょう。
 だんだん慣れてきたら、少しずつ増やしていき、100枚くらいでや
 ってみてください。

 

具体的なやり方:

 いつもポケットにこのメモカードを入れて持ち歩き、何かの待ち時間
 など、ちょっとしたすき間時間のときにポケットから出して、次のよ
 うにやります。

 1)ランダムに適当なところでカードを開きます。
 2)そこに書いてある英語の質問文を音読します。(声を出して)
   近くに人がいる場合は、小さくつぶやくか、黙読をします。

   例: Have you ever been to Hong Kong?

 3)英語の語順でその意味を理解し、
 4)素早くその質問に対して、英語で返答します。(声を出して)

   例: Yes, I have. I have been to Hong Kong last year.

 5)カードの裏側に書いてある例文を、音読します。

   例: No, I have never been to Hong Kong.

 ⇒この1~5を繰り返します。
  1回は3問、3分間程度からスタートして、1日5回。

  ①朝起き後、②会社出勤後、③昼食後、④夕食後、⑤就寝前

  1日に5回、頭を英語モードにする練習を続けると、突然誰かに英
  語で話しかけられても、今までとは違ってすぐに頭が英語モードに
  切り換わり返答できるようになっていくはずです。

  わたしはこの練習を繰り返していたおかげで、成田でアメリカ人に
  ターミナル1への行き方を尋ねられて、スムーズに答えられてとて
  もうれしかったことを覚えています。

 ⇒1回3問がもの足りなくなったなら、返答文を1文ではなく、2文、
  3文でボリュームアップさせて答えるようにします。

 ⇒そして次の段階では、5問、7問・・としていけば良いでしょう。
  たまには、20問くらいを長い時間かけてやってみるのも、良いで
  しょう。

  頭から長い時間日本語を追い出して、英語だけに浸るという訓練も
  時には必要だと思います。

 ・第13話:中国かけすクラブのママの英語勉強方法
 ・第14話:英語の語順で処理して会話力が大幅アップ
 ・第16話:一人でできる英会話練習「ランダム再生」
 ・第17話:効率良い勉強法で忘却との戦いに勝つ
 

a:7568 t:1 y:1