スポンサーリンク

一人でできる「瞬間創作スピーキング練習」

 前回はひとりでスピーキング練習するための効果的なやり方について
 書きました。

 英語を学習している人は、「音読」が大事な練習であることを知って
 いますが、ただそのまま読み上げるのではスピーキングの練習には
 なりません。

 読み上げる際、即興でフレーズなどを瞬間的に入れ替えて、頭の中で
 「創作」作業を同時に行うのが効果的だと。

 self speaking

 今回はある基本文を覚えようとするとき、あるいは復習しようとする
 ときに行っているスピーキング練習のやり方について書いてみます。

一人スピーキングのやり方

 わたしはいつも友人達との会話や、オンライン英会話のフリートーク
 を意識してスピーキングの練習をするのですが、一つ例を上げながら
 説明したいと思います。

 重要基本構文の一つだと思っている文に、
  What kind of (名詞) do you like ?
 があります。

 この文はフリートーキングではとても良く使います。
  What kind of dish do you like ?
  What kind of food do you like ?
  What kind of sport do you like ?
  What kind of movie  do you like ?
         ・
         ・

 この文の名詞を入れ替えて、何度となくこの文を使っています。

 そして、(名詞)だけではなく、動詞の(like)も一緒に入れ替えて
 使うことも多いです。
  What kind of (dish) do you like (cooking) ?

 そして少し違うタイプの動詞で、
  What kind of (dish) (are) you (good at) ?

 さらに、
  What kind of (dish) (can) you (cook) ?

 さらさらに、
  What dish do you (usually) (eat) ?

 などと、そのときどきに浮かんだことに従い、入れ替えて話す練習を
 繰り返しています。

  creating

 わたしはこのように動詞や名詞、あるいは日時や場所などまで瞬間的
 に入れ替える練習を行うことが、「応用力」をつける上でとても大事
 だと思っています。

グループで学習

 そしてもう一つの効率よく練習するためのポイントですが、何ごとも
 それだけの単体で学習するよりも、グループでまとめて学習する方が
 効率良いと考えています。

 今回の例で言うと、
  What kind of dish do you like ?
 の文だけではなく、
  What dish do you like ?

 そして
  I like (Italian foods).
 や、
  Do you like (Italian foods) ?
 などまで、同時に「創作」練習を行います。

 実践の場は会話ですので、相手に質問するだけではなく、自分のこと
 についても説明する必要があるからです。

 わたしは、通常先に自分のことを説明しておいて、そして相手に
 「あなたはどうですか?」
 という流れで質問するようなケースが多いです。

 このように一つの重要構文と関連した構文を同じグループとして扱い、
 同時に「瞬間創作スピーキング練習」をするのが、一人でできる最も
 効果的な練習方法ではないかと思っています。

 ■関連の記事:
  ・一人スピーキング練習のためのコツ

スポンサーリンク




a:807 t:2 y:2