トップいま英語に思うことリスニング力について考える

リスニング力について考える

いまでこそ日常会話を聞き取るのは、ほぼ100%できるようになりました。

わたしが英会話がスムーズにできるようになったのは、このリスニング力の影響が大きいです。

何かというと、うまく英会話ができないときは、とにかく聞き取ることに必死でした。何度も聞き逃していたら、会話が成り立たないので。

相手が何かを話すと、自分の頭の中は聞き取った音声を高速で翻訳し、それが終わってから次の話す文をできるだけ素早くで組み上げる・・という感じでした。

ですからまったく余裕がないし、ときたまモタモタ翻訳作業をしていると、その横でどんどん次のことを話されたりすると、大きな聞き逃しの穴ができていきました。

もちろん、そこで会話は一時ストップです。

リスニング力がアップして

そのような状態がまったくなくなったので、余裕をもって英作文だけに集中できるようになりました。

おかげで、英会話のレベルが1段上がり、スムーズに会話ができるようになったのでした。

落ち着いて楽しく会話ができるようになるためには、まずリスニング力が重要です。何といっても、最初に会話で必要な能力はリスニング力です。

練習方法は・・

スピーキングを練習する前に、リスニング力をつけるための練習をしましょう・・・と言いたいところですが、リスニング70%スピーキング30%のスタンスで行う方が良いと思っています。

英会話には「聞く」練習と「話す」練習が必要ですし、「話す機会」が英語学習のためのモチベーションを刺激し、継続への力となるので。

また、話せるようになったものは必ず聞き取れるようになります。スピーキングの練習もリスニングの練習につながるのです。

わたしはリスニング練習とその文章での「音読」を同時にやることで、リスニング力とスピーキングが同時に強化されたと思っています。

read out

キーワードを聴き取り、聴き取れたキーワードから状況を思い浮かべ、イメージで内容をとらえるようにする。

すべてを聴き取らなければいけないということはありません。

まずは力まずに自然体で、聞き取れるものを聴き取っていくということで十分です。あとは続けることで必ずレベルアップしていきますの
で。

使用する教材は自分が面白いと思える内容のものを使い、とにかく毎日『5分間集中して聴く』です。

何よりの上達のポイントは、毎日英語を聴いてそれを音読すること。
継続すること」です!

それから書き忘れましたが、聴いているときに意味を理解するやり方としては、英語の語順どおりに理解していくこと。意味のあるかたまりごとに理解していくことです。

後戻りは絶対しないように。
リスニング力上達のブレーキになるので。

最初は意味が理解できたようなできないような・・そんな感じが続くと思いますが、いずれ近いうちに慣れていきます。

慣れたときにあなたのリスニング力は、きっと1段上のレベルになっているはずです!(わたしもそうでしたので、間違いありません)

参考:

使う教材は何でもいいと思うのですが、自分にとって少しむずかしいくらいが良いと思います。そして文章は自分が話せるようになりたい分野のものが望ましいですね。

わたしは東京SIM研究所のスーパーエルマーを使いました。
意味のある語順ごとに理解できるよう途中にポーズの入ったものや、再生速度が3段階に速くなる教材がついていたので。
とても効果がありました。興味ある方は、お薦めの教材 を確認ください。

■関連ページいま英語に思うこと
一番効率の良かった勉強法(その2)
効率良く復習するための方法
スムーズな会話のためのキーセンテンス
話せる話題を増やしていく必要を感じて
 

a:2864 t:2 y:1