トップリスニングページのまとめとそのポイント

リスニングページのまとめとそのポイント

listening1

■1:リスニングの練習方法
・リスニングの大事さ / カナダで恥ずかしい失敗 / 英語コンプレックスの始まり
リスニングの練習方法とヒント / 集中して聴く / 聴き方 ・取り組んでからの経過 / 自然に listen が大事 / まとめ

◎ポイント:
「主語」「動詞+目的語」「補足表現」というように、英語の語順で理解していくことに慣れていくことで、聞き取り力が少しずつアップしていった。

■2:②リスニング練習の実際
・SIM英語 / SIM英語の代替教材 / 音読パッケージでSIM式リスニング訓練

◎ポイント:
リスニング力を向上できたのは、次の2つの訓練でその効果が出たおかげ。
1)SIM英語をやって語順の通り理解できるようになった。
2)とにかく量を聴き、聞きなれた単語やフレーズが増えた。

■3:リスニング力を自己評価しやる気アップ
・リスニング力の簡単評価方法 / NHK英語ニュースという教材
・[参考] わたしのチェックポイント

◎ポイント:
レベルを維持するための良い方法は、学習したことの効果をすぐに感じ取れるようにすること。NHK英語ニュースが実力確認用課題としてピッタリ。

■4:リスニング学習を振り返る
・具体的なやり方について / ボキャブラリを増やす
・英語聞く時間を増やす / 効果について / まとめ

◎ポイント:
やってきたこと、そして結果を振り返えってみると重要ポイントは2つ。
ひとつは、「ボキャブラリ」。もう一つは、「聴き取りに費やした合計時間」。

■5:リスニング上達3つの点
・最近のリスニング力 / 上達につながったポイントは3つ

◎ポイント:
1) 聞きなれた単語やフレーズが増えた
2) 聞くときの集中と散漫が上手にできるようになった
3) 想像力で文の構成を推定できるようになった
効果的だったのはSIM英語と英語ニュース。

 

listening2

■6:簡単で効果大のリスニング訓練
・裏づけるポイント / 早口は早耳!(早聞き)
・最初の半分を目標にスピードアップ

◎ポイント:
「自分で話せること」は「必ず聞き取れる」。
そしてそれは、スピードアップしても成り立つということ。
つまり、リスニングの上達には早口練習が効果的。

■7:リスニング力について考える
・リスニング力がアップして / 練習方法は・・ / 参考:

◎ポイント:
英会話には「聞く」練習と「話す」練習が必要。
リスニング70%でスピーキング30%のスタンスが良い。
話せるようになったものは必ず聞き取れるようになる。
スピーキング練習もリスニング練習につながる。

■8:リスニング力をつけるにはどうやれば良いのか
・何がリスニング力アップに効いたのか?
・SIM英語をやってわかったこと / 英語学習の環境

◎ポイント:
一番先に頭に浮かぶのは、東京SIMのスーパーエルマーをやったこと。
「英語に四六時中接触する」ということが、最も重要なことだった。

■9:効果的だったリスニングの練習方法
・リスニングに効果ありと気づいたこと
・朝の音読での体験 / 拘束タイムも効果的

◎ポイント:
自分で話せる文は確実に聞き取れるのだということに、そのとき初めて気づいた。
「とにかくリスニング練習を数多くすべし!」と考えていたことは、少し間違っていた。

■10:リスニング向上に最も効果があった2つのこと
・まず第1のポイント / 第2のポイント / その後変わった学習方法

◎ポイント:
1. スピーキング練習により、話せる単語とフレーズが増えていった
⇒文の結論部分を理解する速度が早くなった。
2. そのままの語順で、意味のある塊りごとの訳文を横目で見ながらの音読
⇒後戻りして訳したりすることがなくなった。

■11:リスニング力の確認&訓練:聞く力:解答01
・100%、150%速度の音声データで聞いてみると、‥


a:112 t:1 y:0