トップ瞬間英作文と役立つヒント > ビジネスで使うヒント5つ

06)ビジネスでも使う英会話文でヒント5つ

いつもフリートークで日常の話題を話しているのですが、突然、
会社関係の話題となり、「~の担当です」のフレーズがなかなか
出てきませんでした。

いつも日常会話ばかりだったので、たまには仕事関係の話題も話した
方が良いなと、少しだけ反省しました。

それで今回は、日常会話と仕事関係で使えそうな文5つを、ピック
アップしました。

いつもと同じように、それぞれの日本文を見て瞬間的に英作文をして
みましょう。

3秒くらいまでには構文と主語を決めて話し出せないと、練習不足
になります!

■今回の課題文:

                 ↓ 解説は課題文をクリック

  • ■1:予定が詰まっています。
    • My schedule is pretty tight.

      tight には「(状況が)困難な」という意味があります。
      prettyvery よりも口語的です。

      ◇関連表現:
      I'll be tied up in the afternoon.
      午後は詰まっています。

      I'm tied up with work.
      仕事で忙しい。

      be tied up with ~  ~で縛られる = 忙しい 

  • ■2:彼はこのプロジェクトの責任者です。
    • He is in charge of this project.

      be in charge of ~  ~を担当する、~の責任者だ
      という意味になります。

      このフレーズが出てこなかったんですね。
      ビジネスの会話ではよく使う表現なのですが・・。

  • ■3:誤解しないでください。
    • Don't get me wrong.

      get + 人 + wrong で「(人を)誤解する(= misunderstand )」
      の意味。

      ◇関連表現:
      I'm on your side. Don't get me wrong.
      わたしはあなたの味方です。誤解しないで。

  • ■4:わたしたちはここでバスを降りるべきです。
    • We should get off the bus here.

      通常、
      バスや電車を降りるときは  get off
      車などから降りるときは   get out of
      を使います。

      使い分けの基準は、かがんで降りるかどうか。

      ちなみに、乗る時は 
      バスや電車は   get on
      車などのときは  get in
      になります。

  • ■5:割り勘にしよう。
    • Let's split the bill.

      go dutch はとても古い表現です。
      spirit は「分ける」、bill は「伝票」の意味になります。


■関連の記事:
 03)英会話で役立つヒント5つ(3)
 04)会話でよく使う慣用表現5つ
 05)複数要素の文からヒント5つ
 07)よく使う日常会話からヒント5つ
 

a:3873 t:2 y:7