スポンサーリンク   トップコラムスピーキング上達のための練習方法

第26話:スピーキング上達のための練習方法

 一人だとスピーキングの練習はなかなかしにくいものです。

 基本フレーズを覚えたり音読したりすることは、一人でも簡単にでき
 るのですが、やはり通常の会話のように、質問したり返答したりある
 いは説明をしたりというような練習はむずかしいものです。

 それで、いつも一人で簡単にできるスピーキング練習方法はないもの
 かと、考えています。

 先日、オンライン英会話レッスンをしていて、ふとそのことが頭に浮
 かんだので、先生にそのことを聞いてみました。

「もっと英会話が上手に話せるようになりたい」
「フィリピンの人は英会話を話せる人が多いけど、どうやって勉強する
 のですか?」

 その質問に対し、次のような返答でした。
 「フィリピンの学校では、英語を使って考え、そして話す時間がとて
  も長いです」
 「日本人は勉強のやり方を変える必要があると思います」
 「もっともっと話す訓練をしないと」
 ということでした。

 そこで、別の質問をしてみました。
 「一人でできる、何か良いスピーキングの練習方法はありませんか?」

 それには次の返答です。
 「自分で自分に質問をして、そしてそれに自分で答えるという練習が
  いいですよ」「セルフカンバーストレーニングです」

 「ニュースや雑誌など何かの記事を見て、その中の話題から質問を考
  え出して、自分で自分に質問をするんです」
 「そして自分でそれに答えるというやり方ですね」

 「最初はまずは1日3セット。1週間後は5セット・・と増やしてい
  くんです」
 「時間が少しでもあると、いつも英語で自問自答をやるのがいい訓練
  になりますよ」

 「話題は何でも良くて、自分が興味のある話や、もっと延ばしたいと
  感じている分野の話など」
 「とにかく続けることを主眼として、まずはやってみたらどうですか」

 ということでした。

 ・・・やっぱりそういうことでした。

 大事なのは、とにかく苦手なことを地道に繰り返し練習し、積み上げ
 ていくことだなと再認識しました。

 それで、今日は書店に行って、フィリピンの観光ガイドブックを1冊
 買ってきました。

 その中にはきれいな写真が一杯載っているので、それを見ながら自問
 自答練習をスタートです。

 ■関連の記事です。よろしければこちらもどうぞ。
   ・スピーキングの練習方法
   ・スピーキング練習の実際
   ・リスニングの練習方法
   ・1分間スピーチ

スポンサーリンク


a:2449 t:6 y:4