トップスピーキングページのまとめとそのポイント

スピーキングページのまとめとそのポイント

speaking

■01:スピーキングの練習方法
・1文話し終るまでの頭の中の瞬間的な動きについて
・3つの要素を意識して勉強を進める

◇ポイント:
学習で意識すべき大事なポイントは応用力
各要素を自在に組み立てる練習を繰り返す

■02:スピーキング練習の実際
・英語に再チャレンジのきっかけ
話せるようになるためにやった3つのこと

◇ポイント:
中学英語の復習
毎朝5分間音読
英語を試す場を作った

■03:スピーキング上達のための練習方法
・一人だとスピーキング練習はしにくい
・オンライン英会話の先生に一人でできる練習方法を質問

◇ポイント:
自分で自分に質問、自分で答える
延ばしたいと思っている話題
写真見ながら自問自答練習

■04:スピーキング力をアップさせるための訓練
大事だなと思っている3つのこと
1)目的/目標/期限を明確・細分化、段階的に達成
2)基礎知識/能力のアップ(使える表現を増やす)
3)「話せる場」を作って実戦トライ

◇ポイント:
スピーキング力アップに影響する練習方法
「ライティング」練習

■05:一人でできる、簡単スピーキング練習
・瞬間的に話す内容まとめながら同時に話すのがスピーキング
・もっとも近い作業がライティング

◇ポイント:
意味のあるかたまり毎に翻訳し書いて発声
話せるようになるための下地ができる

■06:ピンズラーのスピーキングに特化した進め方と利点
・ピンズラーアメリカ英語は独特の訓練方法だった
・単語/文法を説明、英文の作り方を教えながら覚えさせる

◇ポイント:
スピーキングのやり方を教え、鍛えるという教材
長期記憶に転換させるための仕組みが随所に

■07:シンプルスピーキングの体験
・シンプルな英語が中級英語以上に通じて感動
・海外で我流カタコト英語で上手に渡り歩く人

◇ポイント:
相手が一発でイメージできる的確な単語を選ぶ
単純なセンテンスで素早く力強く返す

■08:シンプルスピーキングの利点
・シンプル英会話を続けてきて一度も困ったことはない
・日常会話はシンプルな話し方で十分だった
・詰まることも少なくなり、会話のリズムも向上
・手も理解し易く、言いたいことが伝わる

◇ポイント:
シンプルな文を接続詞でうまく繋いで話す
複数のポイントは複数の文を使って伝える

■09:シンプルスピーキングの具体的やり方
・スムーズに話せるようになるため2つの大事なポイント
・一つは、「結論から述べる」
・もう一つは、「シンプルに話す」

◇ポイント:
単語でなく、意味のあるフレーズで覚える
知っている単語でやさしく話す

《作業中のページ》
シンプルスピーキングの利点
シンプルスピーキングの具体的やり方
シンプルスピーキングへのきっかけ
お風呂でセルフスピーキングの効果

シンプル・スピーキング練習の実際
一人スピーキング練習のためのコツ
一人でできる「瞬間創作スピーキング練習」
簡単スピーキングのコツ
スムーズに話すコツ、分割スピーキング

ウォーキング&つぶやきスピーキング
一人でスピーキング力を伸ばすための方法
中高年がスピーキング力アップのため取り組んだ教材


a:35 t:2 y:5