トップ話せるようになるために > シンプルパターン英会話‥

1分間話すためのコツ

話せないときに、話せるようになるために気を付けていたある考え方があります。その考え方で取り組むことで、わりとスムーズに話せるようになりました。

そして最近、瞬間的に英文を作るために、文の構成方法で迷っていたことがありました。

ここ最近、「シンプルパターン英会話」という、英語を話せるきっかけになった本を読み直しているとき、あらためて過去のことを思い出し、ある一つの結論に至ったのでした。

・迷っていたこと:
英語を話すときは、最初に結論を言うべきですが、どの部分まで一気に話すべきかを、ずっと考えていました。

「構文+主語+動詞」を結論として話し、その後「目的語」とするのか、
「構文+主語」を話し、その後「動詞+目的語」を話すべきか・・。

【結論】
・日常会話はシンプルな文で十分
・日常会話文をスムーズにまとめながら話すには、次の3ステップで文を作り同時に話す
・1~2ステップが結論部分でここまでを一気に話す

構文をまとめながら話すステップとしては3つ

第1ステップは、

頭出し。つまりまずは言いたいことがあるとき、どんな構文を使うかを決める。

例としては、
・わたしは~できる ⇒ I can
・わたしは~したい ⇒ I would like to ~ (I want to ~)
・~できますか?  ⇒ Can you ~ ?
・どう~しますか? ⇒ How do you ~ ?
       ・
など。
 
※良く使う頭出し構文:
よく使う文型 ・よく使う基本文 100 ・新日常会話用基本文54

 

第2ステップは、

何をどうする」の部分を決める。

例としては、
・買い物に行く  ⇒ go shopping
・予約をする   ⇒ make a reservation
・洗濯をする   ⇒ do the laundry
・散歩をする   ⇒ take a walk
       ・
など。

※良く使うフレーズの例:
よく使うフレーズ ・動詞を復習(1~100)動詞を復習(100~215)

第3ステップは、

「どこで」「いつ」などの補足表現を決める。(必要に応じて)

例としては、
・東京で     ⇒ in Tokyo
・ホテルで    ⇒ at the hotel
・事務所の近くに ⇒ near the office

・正午に     ⇒ at noon
・2、3日中に  ⇒ in a few days
・4年前     ⇒ four years ago
       ・
など。

※良く使う補足表現の例:
場所を表す表現  ・時を表す表現  ・会話でよく使う副詞句

まずはこの3ステップを素早く行い、楽しく日常会話ができるようになりましょう。

構文をすでに覚えている方は良いですが、これから覚えるという人は、次の本に付いているCDを活用して、何度も何度も聞くのが良いと思います。

どこでも、いつでも、わずかなすき間時間を利用することができて、楽に、早く覚えることができます。シャドーイングをすると、より早く身に付けることができるでしょう。

とてもわかり易い本の例

ページの基本構成:
ページの基本構成

例1: I would like to ~      例2: I need to ~
I would like to  I need to

例3: Is it possible to ~      例4: When did you ~
Is it possible to  When did you

本の名前は「シンプルパターン英会話(CD付)」です。
とても見易くてわかり易い本です。

お薦めの本 のページで紹介しています。ご確認ください。

前:聞きもらさないリスニングのコツ
前:詳細メニュー
次:やさしく話すコツ

a:13028 t:2 y:5