トップボキャブラリを強化イメージ・グループ暗記法

3) イメージ・グループ暗記法

 人間の記憶は複数のことを関連づけて覚えると、とても覚え易くな
 ることが知られています。

 そして、ひとつのことを思い出すと、同時に一緒に覚えた別のもの
 も芋づる式に思い出せるようになります。

 単語を覚える際も、特定のテーマに沿った内容のものを一緒に覚え
 るようにすると、とても記憶の中に定着し易いものです。

 「単語は仲間で、そしてストーリィで覚える

 例えば次の言葉を耳にしたときに、頭の中に思い浮かぶ単語を日本
 語で上げてみてください。

海外旅行:

 覚えようとする最初の単語が「海外旅行」だったらどうでしょうか!

 travel

 きっと次のような言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。

 1) 海外旅行 -飛行機 -空港 -切符 -地下鉄 -ホテル -チェックイン

 ⇒海外旅行に行くときに移動して行く順をイメージしてみました。

  飛行機に乗って、目的の空港に到着し、切符を買って地下鉄に乗
  って移動し、ホテルに到着。そしてチェックイン・・という流れ。

 これを英語にすると

 1) travel abroad -airplane -airport -ticket -subway -hotel
   -check-in

 となります。

 

レストラン

 もう一つやってみましょうか。
 例えば今回は、単語だけではなく動詞も入れて関連付けしてみます。

 ・「レストラン」を考えてみましょう!

 restaurant

 2) レストラン -電話をかける -予約をする -到着する -案内する
   -席に座る

 これを英語にしてみると、こうなります。

 2) restaurant -make a phone call -make a reservation -guide
   -have a seat

 最初のキーワードから浮かんできた言葉は、自分の頭の中に
 「仲間の言葉」としてすでにインプットされているはずのものです。

 従って、すぐに連想することができてとても覚え易く、また逆に思い
 出し易いはずです。

 そしてさらに絵や写真、音など、視覚や聴覚などともリンクさせて覚
 えると、必要とされるその瞬間にはさらに思い出し易くなります。

 戻る:
         「コラム」 ⇒ 第18話:忘却に勝つための単語記憶法
  1) オーソドックスな方法 ⇒「メモ繰り返し確認法
  2) 強力に記憶できます  ⇒「語呂合わせ記憶法
 

a:6472 t:1 y:5