トップコラムどのくらいの英単語を覚えれば良いのか

第19話:どのくらいの英単語を覚えれば良いのか

 英語勉強をしていてボキャブラリの強化は、頭の痛い一つの課題です。

 英語ニュースを聞く、DVDで映画を見る、TOEICで高得点を取
 る・・すべての部分にボキャブラリ力が大きく影響してきます。

 ネイティブのように満足できるレベルでできるようになるには、膨大
 な単語を覚える必要が出てきます。

 しかしわたしとしてはそのようなレベルを目指しているわけではなく
 て、日常会話を問題なく、そして楽しくできるならば、現時点、まず
 はそれで良いと思っています。

ターゲットを絞る

 勉強をするときに、あまりにも間口を広げてやり過ぎると、何をどう
 やったら良いのか、わからなくなったりします。

 ある程度ターゲットを絞って物事を進めて行かないと、本当にエンド
 レスになってしまうでしょう。そうなるとどこか途中で息切れしてし
 まうのは、火を見るよりも明らかです。

 「ターゲットを絞る!

 これがすごく重要ではないかと思います。

 まずは自分の現時点での対象エリアを絞る。TOEICの試験。DV
 Dのムービー。ビジネスのエリア・・・。

 わたしは何度も書いていますが、日常会話や海外旅行での会話が現在
 のわたしのターゲットエリアです。

 

どのくらいの単語が必要?

 それでは日常会話を問題なく話せるレベルでの単語数は、どのくらい
 になるのでしょうか?

 2つの考え方と、参考値があります。
 一つは、グロービッシュ英語で推奨している単語数。1500語。

 グロービッシュでは、
 「日常英語の大半はこの基本的な1500語に集中している」
 と言っています。

 「1500語とそこから派生する語彙だけで十分なコミュニケーショ
 ンを図ることができる」・・と。

 もう一つは、ロングマン英英辞典で種々の単語を説明するために使わ
 れている単語数。2000語。

 ロングマンの英英辞典には5万5千語が収録されていますが、それら
 の言葉の意味を説明するのに、たった2000語の基本語しか使って
 いないのです。

 2000語と言えば、高校3年までに覚える必修単語の数なので、き
 っちり高校修了程度の実力があれば、この辞書に書いてある説明はほ
 とんど読みこなせるはず・・ということになります。

 わたしはまずはグロービッシュ英語で推奨している1500語を確実
 に覚え、そののちロングマンの2000語を目指す(しっかり復習す
 る)というのがベターだと思っています。

 まずは当面、この目標で勉強を進めれば良いと考えています。

1500語をマスターしての効果

 現在、グロービッシュの1500語は、ほぼマスターできていますが、
 いつもやっているオンライン英会話レッスンでは、単語で困ることは
 ほとんどなくなりました。

 とても1500語をマスターしているとは言えない2年前は、レッス
 ンで単語が出てこなくて会話が途絶えたことが多々ありました。

 そのような結果から、この1500語、あるいは2000語という数
 字は、ある程度納得できる数字ではないかと思っています。

■関連の記事:
 ・第17話:効率良い勉強法で忘却との戦いに勝つ
 ・第18話:忘却に勝つための単語記憶法
 ・第20話:英語の習得には時間が鍵となる
 ・第21話:英語モードに素早く切換える訓練
 

a:8154 t:5 y:1