トップ話せるようになるために > 3話:どう考えながら話し

英文作りながら話すコツ

英語で相手に話をする際に、実際にどのように考えながら文を組み立てていくのかを、やってみたいと思います。

次に示すそのやり方は、本当に大事なスピーキングのコツとなるので、しっかりと理解していただきたいと思います。

例題1:

「佐藤さんが、あなたに新しい販売計画書を渡すため、ロビーに来ています。」

1)まず最初は、すぐに「S+V」を考えます。

「佐藤さんが、ロビーに来ています」の部分になります。

Mr. Sato is in the lobby … となります。

ここではまだ後ろに文が続くということを示すため、話すときの最後のイントネーションは、尻上がりになるようにします。

2)次に考えることは、

「佐藤さんが、ロビーに来ています」⇒ なぜ来ているのか?

と考え、「あなたに渡すため」となります。

to give you … となります。

ここでもまだ後ろに文が続くということを示すため、尻上がりのイントネーションで話します。

3)そして次に考えることは、

「あなたに渡すため」⇒ 何を渡すため?

と考え、「新しい販売計画書を」となり、

a new sales plan.または、a new plan for the sales.

となって、文が締めくくられます。

Mr. Sato is in the lobby / to give you / a new sales plan.
 

 

ここで大事なこと

英会話をするときに大事なことは、英文を 頭の中で最後まで作文してから、話し始めるのではない ということです。

「佐藤さんが、ロビーに来ています」という結論を、まずサッと言います。

そして、「何の目的で来ているのか」を考えることが大切です。
これをしなかったなら、英会話は絶対に上達しないでしょう。

したがって、
・最初に出るべき語句をサッと言って
・その意味を考えて
・その内容から次にどんな語句が必要になるかを考える

という練習をすることが、英会話が上達するための近道となります!

前:英文を効率良く覚えるためのコツ<  >次:英語学習継続のためのコツ
前:詳細メニュー

a:15523 t:14 y:13