トップいま英語に思うこと > お風呂でセルフスピー‥

お風呂でセルフスピーキングの効果

前回、英語の会話力を維持したり高めていくためには、「聴く」だけでは不十分で、「話す」トレーニングが必要と書きました。

そのため毎日お風呂の浴槽の中で、5分間程度、英語で考えるトレーニングをしていると。

take a bath

最初はこれも、やったりやらなかったりして、最後は止めてしまうのではないかと、半分は思っていました。

しかし、最初こそ「さあやるぞ!」と''意思の力を動員する必要がありましたが、ある程度続けていると、少しずつ始めるのときの意思力が少しでもよくなってきたのです!

理由はいくつかあると思いますが、
一つは、
風呂の中では別のことをすることができないので、「まあ一度やると決めたことだからやろう」と、流れでやり始めるようになったから。

他のことをやるという選択ができないからでしょうか。

それと特筆すべきことは、続けていると少しずつ習慣化してくるということでした。最初はそうなるとは想像していなかったのですが。

つまり、お風呂に入ると最初に○○をして、次に△△をして、そして□□をする・・という一連の流れで行っています。

そのルーチンに新たなことを一つ追加しても、それが何度も何度も繰り返されると、新しい流れが従来の流れに取って変わって、それが普通の流れとして定着していったのです。

そうなると、最初の意思力はあまり必要ではなくなり、お風呂に行って浴槽に入ると、条件反射のように自動的に英語でものごとを考える(英作文)練習が始まっていくようになったのでした。

これは自分に取って少し大きな収穫でした。

 

なかなか続かなかったことも、


・他のことができないような時間を使う
毎日やっている習慣の流れの中に入れて繰り返し行う
      ↓
・少しずつ習慣化していく
・意思力はだんだん小さくて済むようになる


という進め方をすると、比較的苦労せずに定着させていくことができるということです。

それとこのセルフトレーニングを続けていると、自分の弱いテーマが何なのか、本当に良くわかるようになります。

なかなか文がまとまらなかったり、どうしても言いたいフレーズや単語が出てこなかったりと、会話の上で弱い部分が明々白々となっていきます

これをしっかりメモを取りレビューを続けていくと、自分の会話力が少しずつですが、伸びていると感じる瞬間がくるようになります。

やはりなんでも「継続力」なんだなあと、あらためて感じさせられた出来事でした。

■関連ページいま英語に思うこと
スムーズな会話のためのキーセンテンス
話せる話題を増やしていく必要を感じて
リスニング力について考える
英語力を高めるために何が必要か
 

a:2367 t:1 y:0