トップアメリカ文化と習慣を知る > 第01話:あいさつのマナー

第01話:あいさつのマナー

 英語を学習するにあたり、単に語学だけを勉強するだけではなく、
 欧米の文化や習慣についてもよく知っておくことで、よりコミュニケ
 ーションがスムーズにいくものです。

 こちらのコーナーでは、アメリカの文化や習慣などについて、以前、
 学習したことを少しずつ書いていきたいと思います。

 まずは、あいさつがコミュニケーションの入り口になりますので、
 第1回目は「あいさつのマナー」としました。

 日本語では、夜明けから午前10時ごろまで(朝)が「おはよう」、
 午前10:00から午後6時ごろまで(昼~夕方)が「こんにちは」、
 その後(晩)が「こんばんは」というのが一般的です。

 英語でも出会ったときのあいさつとしては、
  Good morning、Good afternoon、Good evening
 と3種類あるのはご存知の通りです。

 しかし使う時間帯が日本とは異なるのです。

 通常、
  Good morning. は夜明けから正午までで、
  Good afternoon. は正午から夕食時まで、そして
  Good evening.  は夕食時以降となります。

 このことから、Good morning. は、「おはよう」だけではなく、
 「こんにちは」の意味も含んでいることになります。

 また、Good afternoon. と Good evening. は改まった言い方なので、
 親しい友達などの場合にはあまり使われません。

 その場合は「Hi ! 」や「Hello !」が使われることが多いです。
 これらは、朝・昼・晩の、いつでも利用できます。

 なお、夕方以降に別れを告げる場合には、
  Good evening. や、Good night.
 で、「さようなら」という挨拶になります。

 こういった習慣の違いなどは、フリートーキングの話題にもできるので、
 是非、少しずつ覚えておきたいものです。

 ■アメリカ文化と習慣を知る
  ・02話:pleaseで温かい人柄になる
  ・03話:上手な相づちで楽しく会話
  ・04話:brunchやpower lunch知ってますか? 
 

a:2502 t:2 y:0